FC2ブログ

健康豆知識1784

わが家679
わが家の今日の花

◎インテリアを気にしない
本気でダイエットをしたいのであれば、食事の内容だけでなく食事をする空間、ダイニングルームにも気を使うべきでしょう。食欲を刺激するものは味覚だけではありません。嗅覚(匂い)や触覚(食感)、そして資格も重要です。
街の飲食店の看板を見てください。赤やオレンジを使った店が多いとは思いませんか?赤はオレンジ、黄色などの暖色系の色には、食欲を刺激する効果があると考えられているのです。

健康豆知識1783

健康4


◎まずは5パーセント減らして内蔵型肥満を解消
そこまで脂肪面積を減らすことができれば、血統の状態や中性脂肪、コレステロール値を基準値以内に収めることができます。
内蔵型脂肪肥満に加えて高血糖や高血圧、高中性脂肪血症など複数の症状が現れていた場合はメタボリックシンドロームです。糖尿病や動脈硬化などのリスクが高く、心筋梗塞や脳卒中など命に関わる病気のリスクが増加してしまいます。
目標体重を決めた結果、それがプレッシャーとなってダイエットを諦めてしまう人も少なくありません。
まずは現体重の5パーセント減を目指して、無理無く健康を手に入れましょう。

健康豆知識1782

わが家678
わが家の今日の花

◎まずは5パーセント減らして内蔵型肥満を解消
内臓脂肪型肥満の判定方法は、腹部をCTスキャンで検査してその断面の脂肪面積を調べるというもの。これが100平方メートルを超えてしまった場合、内蔵脂肪型肥満と判定されます。
そして内臓脂肪型肥満と判定されてしまった人の多くは、体重が5%減ることで、腹部の脂肪面積が100平方センチメートル以下になるといわれています。

健康豆知識1781

わが家677
わが家の今日の花

◎まずは5パーセント減らして内臓脂肪型肥満を解消
内臓脂肪型肥満は、腹腔内など内臓の周辺に脂肪が蓄積するタイプで、ウエスト周りがぽっこりすることから「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。とくに男性に多く、メタボリックシンドロームの危険性が高いため注意が必要です。
また、BMIの数値上は肥満と判定されないものの、内臓脂肪が溜まってしまっているケースもあり、その場合は俗に「隠れ肥満症」と呼ばれます。

健康豆知識1780

わが家676
わが家の今日の花

◎目標体重を決める!
肥満は非か脂肪型肥満と内臓脂肪型肥満に分類できます。皮下脂肪型肥満は皮下組織に脂肪が蓄積するタイプで、主にお尻や太ものなど下半身のボリュームが増えます。とくに女性に多く、「洋ナシ型肥満」とも呼ばれます。皮下脂肪は落としにくいのが難点ですが、生活習慣病の原因になることはほとんどありません。

健康豆知識1779

わが家675
わが家の今日の花

◎目標体重を決める!
目標を決めるのであれば、自分の現在の体重から5パーセント減らすことを目標にしてください。この5パーセントという数字が、生活習慣病の危険性が高い「内臓脂肪型肥満」になるかどうかを分ける瀬戸際なのです。

健康豆知識1778

わが家674
わが家の今日の花

◎目標体重を決める!
これらのダイエット知識と同様、当たり前のように行われているのが「目標体重を決める」という考え方。あと5キロは痩せたい、40キロ台になりたいなど、標準体重を無視して理想の目標体重を追いかけるのは避けましょう。減量の目標が高すぎて挫折してしまったり、無理をして体調を崩してしまったりするリスクが高いのです。

健康豆知識1777

わが家673
わが家の今日の花

◎目標体重を決める!
また、間違ったダイエット方法を続けることで、体調を崩してしまうこともあります。一時期ブームになった長時間の半身浴には、ダイエット効果はほとんどありません。全身から水分が足りなくなって、肌荒れや乾燥肌を招いてしまいます。

健康豆知識1776

わが家672
わが家の今日の花

◎目標体重を決める!
ダイエットする前に、まずはダイエットに関する誤った知識を捨て去って、あなたのダイエット知識をシェイプアップしましょう。
たとえば、「両親が太っているから、遺伝的に自分が太ってしまうのは仕方がない」などと考えている人はいませんか?
しかし、肥満の原因が遺伝によるケースはほんの25パーセント程度です。残りの75パーセントは、自分自身の食生活、運動習慣などの生活スタイルによる結果として太りすぎてしまっています。

健康豆知識1775

健康3


◎腸内環境を整えて下痢を改善
下痢の状態が慢性的に続く場合は何か別の原因が考えられます。病院で医師の診断を受けてください。

健康豆知識1774

わが家671
わが家の今日の花

◎腸内環境を整えて下痢を改善
下痢になあった場合、まず注意すべきは脱水症状です。水分をたっぷり摂りましょう。食事を摂る際は少量の食べ物を、少しずつ食べるようにしてください。おすすめは野菜がたっぷりはいったお味噌汁です。
腸内環境を改善し善玉菌優位の状態にすることは、下痢の改善だけでなく予防にもつながります。悪玉菌によって引き起こされる下痢は大抵の場合、腸内環境の安定と共に数日で治まるでしょう。

健康豆知識1773

わが家670
わが家の今日の花

◎便秘よりも下痢がマシ
腸の内側には薄い粘液層があります。常在菌はここに隠れているため、便と一緒には排出されないのです。
常在菌として人体に選ばれた腸内細菌は、免疫抗体によってこの粘液層に隠れることを許されます。常在菌以外の外部からは言った菌が腸内に定着しにくいのは、免疫によって阻まれるためです。

健康豆知識1772

わが家669
わが家の今日の花

◎便秘よりも下痢がマシ
腸の水分吸収能力が落ちる、ぜん動運動が高まり過ぎるなどの異常によって下痢は起こります。このとき多くの場合、腸内では悪玉菌が優位になっています。
水状の便は腸内のものを洪水のように押し流しますが、どれだけ便が流れ出ても常在菌が流れ出てしまうことはありません。

健康豆知識1771

わが家668
わが家の今日の花

◎便秘より下痢がマシ
近年は便秘に悩む人が男女共に増えています。食生活の欧米化や食物繊維の摂取不足によって、腸内フローラが理想的なバランスでないことが要因の一つと考えられます。
だからといって、お腹を下してしまうほうがいいというわけではありません。「もしかすると悪い腸内フローラをリセットできるのでは?」と考えてしまう人がいるかもしれませんが、それは間違いです。

健康豆知識1770

図


◎健康のためなら自然なものを摂り入れて
また、インスリンは脂肪細胞にエネルギーを溜め込む役割も果たしているため、過剰に分泌されると肥満を招いてしまいます。
健康に気を使って人工甘味料入りの食品を食べたせいで、メタボや腸炎になってしまったのでは意味がありません。自然な素材を使った食品を選ぶようにしましょう。

健康豆知識1769

図


◎健康のためなら自然なものを摂り入れて
また、糖分を摂ると膵臓からインスリンというホルモンが分泌され、血液中の糖を細胞に取り込むことが知られています。実は人工甘味料を摂取した場合も、糖分を摂ったときと同様にインスリンが分泌されるのです。
膵臓が疲労してインスリンの分泌が下がりにくくなり、糖尿病になってしまうのです。

健康豆知識1768

わが家667
わが家の今日の花

◎健康のためなら自然なものを摂り入れて
腸内細菌の影響以外にも、人工甘味料には問題点があります。
人工甘味料は砂糖よりも強烈な甘さを持っているため、人工甘味料を摂り過ぎると甘みに対しての感受性が下がるといわれています。その結果、甘いものを食べても物足りなさを感じてしまい、糖分の摂取量が増えてしまう恐れがあるのです。

健康豆知識1767

わが家666
わが家の今日の花

◎人工甘味料を多く摂る
さらに詳しく調査すると、人工甘味料の摂取量と、代謝に関わる腸内細菌のバランスに関連が見られました。人工甘味料は腸内フローラに影響を与えて、肥満や糖尿病を招くと考えられるのです。
また、アメリカ・シカゴ大学による別の研究報告においても、世界中で広く使われている人工甘味料(サッカリン、アスパルテーム、スクラロース)が腸内フローラに影響を与えて、肥満傾向や耐糖能異常傾向などを起こす可能性が開あると指摘されています。

健康豆知識1766

わが家665
わが家の今日の花

◎人工甘味料を多く摂る
砂糖の代わりに人工甘味料を使った菓子や清涼飲料水は、糖質やカロリーを気にする人にとって強い味方のように思われてきました。しかし事実はそうではないようです。
イスラエル・ワイツマン科学研究所が、人工甘味料を多く摂取する人とそうでない人を対象に調査を行いました。
その結果、人工甘味料を多く摂取する人は、体重の増加率や血糖値など、糖尿病に関係する数値が高いことが確認されました。

健康豆知識1765

わが家664
わが家の今日の花

◎除菌スプレーが体に害をなす?
これらの物質は成分表では「除菌成分(有機系)」などと曖昧な表記をされていることが多く、知らず知らずのうちに健康被害のリスクを高めている可能性があります。
人間の健康は元気な常在菌たちがあってこそです。必要以上に除菌スプレーや殺虫剤を使い「菌がいない=体にいい」という考えを持つのは、改めたほうがいいのではないでしょうか。

健康豆知識1764

わが家663
わが家の今日の花

◎除菌スプレーは体に害をなす?
除菌周防れーは手軽で便利ですが、濫用は危険です。
病原性の菌に対して除菌スプレーを使った結果、耐性を身につけて菌が強くなってしまったというケースがあります。
また、除菌消臭スプレーなどに含まれている第四級アンモニウム塩という物質は強力な殺菌作用を持っているのですが、人体に対して皮膚や呼吸器、胃腸の炎症を招く有害な物質でもあります。

健康豆知識1763

わが家662
わが家の今日の花

◎殺虫剤を使う
人間と常在菌は共生関係にあるのですが、人間は除菌や殺菌に躍起になるあまり、ときに常在菌が育つ可能性を掴み、挙句の果てに常在菌まで攻撃してしまうことがあります。
皮膚や腸内の常在菌が減ってしまうと、そこに病気の原因となる細菌やカビが繁殖する隙間ができてしまいます。

健康豆知識1762

わが家661
わが家の今日の花

◎殺虫剤を使う
現代人は身の回りをとにかく清潔にしたいと考えがちです。しかし、除菌スプレーや消毒液、殺虫剤などを濫用し、無菌に近い状態をよしとする生活は人間の健康を損ねてしまう危険な習慣なのです。
人間の体に存在する微生物は腸内細菌だけではありません。皮膚や口腔、鼻孔の粘膜など、全身に膨大な数の細菌が棲んでいます。彼らは常在菌といい、外部から侵入する病原菌を排除し、健康を守ってくれるのです。

健康豆知識1761

わが家660
わが家の今日の花

◎腸の健康を補助するサプリメント
ビタミンDは食事などで摂取する他、紫外線を浴びることで、体内で合成することができます。紫外線の浴び過ぎは皮膚疾患のリスクを高める行為ですが、適度な日光浴は腸にはいいようです。

健康豆知識1760

わが家659
わが家の今日の花

◎腸の健康を補助するサプリメント
「ビタミンD」は最近の研究によって、免疫機能や腸内フローラのバランスを良好にすることがわかってきました。ビタミンDの吸収効率自体も、腸内環境に左右されやすいという研究結果もあります。良好な腸内フローラの腸は、よりビタミンDを吸収しやすいのです。

健康豆知識1759

わが家658
わが家の今日の花

◎腸の健康を補助するサプリメント
右近が排出された後も、クルクミンは腸で吸収されて肝臓に運ばれ、じゅんかんしながら何度も効果を発揮することがわかっています。
魚の油に含まれるオメガ3系脂肪酸、「DHA」には、腸の粘膜の炎症を抑える効果があります。また、大腸がんや乳がん、肺がんなどの発生を予防する働きがあります。

健康豆知識1758

わが家657
わが家の今日の花

◎腸の健康を補助するサプリメント
サプリメントを摂ることそのものに意味がないのではありません。あくまでも腸内環境を補助するものだと考えるのであれば、ウコン、dHA、ビタミンDの三種のサプリメントが有効です。
「ウコン」に含まれるクルクミンには、腸内環境を整えて免疫力をアップさせる効果があります。また、肝臓の機能を高めて、悪玉菌が作り出す毒素を分解しやすくする作用もあります。

健康豆知識1757

わが家656
わが家の今日の花

◎サプリメントに頼る
生きたままの乳酸菌を届けるのであれば、ヨーグルトの方が効果的でしょう。また、先に解説しているように、乳酸菌は生きたままでなくても腸内環境をよくしてくれます。
それに腸内フローラは人それぞれ違うため、「これさえ飲んでいれば誰でも腸が元気になる」という乳酸菌サプリメントがあるとは考えられません。腸の健康のためにはサプリメントに頼り切らず、食物繊維や発酵食品などをバランスよく摂るようにしてください。

健康豆知識1756

わが家655
わが家の今日の花

◎サプリメントに頼る
たとえば「生きたまま乳酸菌を腸に届けられる」などと謳うサプリメントは、ヨーグルトなどの乳酸菌よりみ効率よく腸内細菌をサポートできるように思えます。
しかし乳酸菌を使用した商品は、多くの場合フリーズドライ加工されており、乳酸菌は仮死状態です。摂り入れた乳酸菌の全てが、腸内で再び動き出すという確証はないのです。

健康豆知識1755

わが家654
わが家の今日の花

◎サプリメントに頼る
腸にいい成分や物質を手軽に補給する方法として、乳酸菌サプリメントという選択肢を選ぶ人は少なくありません。確かに腸内フローラのためになるサプリメントはあるのですが、単純に「乳酸菌のサプリメントを摂れば腸にいい」というわけではないという点は気をつかなければいけません。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR