FC2ブログ

健康豆知識1579

わが家475
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
さらに口内でトラブルを引き起こす菌が勢力を伸ばし、虫歯や歯周病に羅患しやすくなってしまいます。雑菌が増えるということは、口臭の原因となる菌が増えてしまうことでもあります。また、口の中が乾燥すると口内の粘膜が傷つきやすくなり、口内炎が起こりやすくなります。さらに放っておくと味覚障害になる可能性もあります。

健康豆知識1578

わが家474
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
近年はドライマウスの患者数が増えているといいます。文字通り唾液の量が減り、口が乾燥する症状のことなのですが、「口の中が乾いているだけ」などと甘く見てはいけません。
先述した通り、口の中には殺菌作用があります。睡眠中だけでなく、昼間から唾液の量が減ってしまうとなると、免疫力が低下してしまいます。

健康豆知識1577

わが家472
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
口内環境のこまめなケアが大切です。寝る前に口の中をきれいにするのは当然のこととして、水を飲む前は口をゆすぎ、うがいをしてからにしましょう。

健康豆知識1576

わが家471
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
起きている間、私たちの口の中は唾液が抗菌力を発揮して雑菌の活動を最小限に抑えています。唾液に含まれているリゾチームという酵素には、細菌の細胞壁を溶かす作用があるからです。
しかし就寝中は、唾液の量が減ってしまいます。そのため、リゾチームの効果は十分に発揮されず、口内は雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

健康豆知識1575

わが家470
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
夜中、目を覚ましたとき、喉が渇いていたら、あなたはどうしていますか?キッチンに行ってそのまま無警戒に水を飲んでいるとしたら、その習慣は危ない行為です。いますぐに改めるようにしてください。
就寝中の口の中は、大量の雑菌が繁殖した状態です!夜中に起きて、すぐに水を飲むと、繁殖した雑菌をそのまま体の中に摂り入れることになってしまいます。免疫力の低下を招き、感染症のリスクを高めることになるでしょう。

健康豆知識1574

わが家469
今日の我が家の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ
おまけに、ブルーライトは紫外線A波(UTA)、紫外線B波(UVB)に続く第三の紫外線とも呼ばれるほど紫外線に近い性質があります。顔面に照射されたブルーライトはスマホ焼けとも呼ばれるシミの原因になる可能性大です。
スマホの影響を避けるため、就寝前の二時間はスマホを使わないようにするといいでしょう。また、暗い場所でスマホを使用するのは普段からなるべく避けるようにしましょう。

健康豆知識1573

わが家468
わが家の今日の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ?
なお、この現象はスマホだけではなく、強い証明の元でならどこでも起こり得ます。夜中、横になっていてもなかなか寝付けないという人は、夕方以降にコンビニなどで買い物をする習慣はありませんか?急速に普及しているLED照明からもブルーライトが多く照射されるのです。

健康豆知識1572

わが家467
わが家の今日の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ?
夜間のスマホは、目への直接的な被害以外にもさまざまな悪影響を及ぼします。ブルーライトの光はあまりにも強く、体内時計に昼間だと錯覚させてしまうこともその一つです。体内時計が勘違いすると、良質な睡眠へと導いてくれるホルモン「メラトニン」がうまく分泌されなくなり、反対に脳と体を目覚めさせるホルモン「セロトニン」が分泌されてしまいます。その結果、なかなか寝付けなくなってしまうというわけです。

健康豆知識1571

わが家466
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
スマホ老眼は医学的には「調節緊張」と呼ばれるもので、多くの場合一時的な症状で済みます。しかしスマホ老眼が繰り返し起こったり、長期にわたって続いた場合は、老眼を早めたり、重大な眼病を引き起こす危険性もあるのです。

健康豆知識1570

わが家465
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
長時間のスマホ利用は眼精疲労やさまざまな眼病、視力低下などを招く恐れがあります。最近は20~30歳ぐらいの若い世代にも、手元の文字が見づらかったり、近くのものにピントが合わせにくかったりするような、老眼と同様の目の不調が増えています。
これらは「スマホ老眼」と呼ばれ、今後も幅広い世代に増え続けていくのではないかと懸念されています。

健康豆知識1569

わが家464
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
とくに就寝前など暗い部屋でスマホを使うのは、目への影響が増大する行いです。暗い部屋と明るいスマホ画面では、大きな明暗差が生じます。すると瞳孔は、明るい場所、暗い場所、療法に適応しようと引っ切り無しに働くことになります。その結果、日中とは比べものにならないほど目が疲労してしまうというわけです。

健康豆知識1568

わが家463
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
また、ブルーライトは散乱しやすく、ピントをあわせるために目のオートフォーカス機能が常時働き続けることになりますさらに目に入る光を縮める筋肉も酷使することにもなります。
スマホの場合、画面に釘付けになる時間が長いというのも問題です。まばたきの回数が減るため、スマホはドライアイの原因として問題視されています。

健康豆知識1567

わが家462
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
スマホの問題点は歩きスマホだけではありません。健康のことを考えれば、夜間はなるべくスマホを見たり、触ったりしないようにすべきです。
スマホやパソコンなどの液晶画面からは「ブルーライト」と呼ばれる光が発生しています。ブルーライトは紫外線と波長が近い強力な光で、目の角膜や水晶体では吸収されません。眼球の奥にある網膜や黄斑部まで到達し、強いダメージを与えるといわれています。

健康豆知識1566

わが家461
わが家の今日の花

◎前を向いて歩こう
脳や目の老化防止にもつながるでしょう。さらに目線を上げて歩いている間は、姿勢が正しく矯正されます。肩こりや腰痛に予防にもなるでしょう。
おまけに、しっかり前を見据えて歩いている姿には、周囲の人から若々しく見られるというメリットもあります。
歩きスマホは卒業して、歩幅を広く、前を向いて歩きましょう。

健康豆知識1565

わが家460
わが家の今日の花

◎前を向いて歩こう
歩きスマホをしていなくても、うつむいて歩くのは健康によくありません。目線を上げて歩くことで、さまざまな健康効果が見込めます。
まず、視線を上げて歩くと、体重がかかとのかかるようになります。すると自然に大股になって歩くため、歩行速度がアップします。
目には、地面やスマホの小さな画面を見ている状態とは比べ物にならないほど、視覚的な情報が飛び込んできます。

健康豆知識1564

わが家459
わが家の今日の花

◎スマホをやりながら歩く
スマホの濫用による視力の負担と合わせて、慢性的な肩こりや腰痛を招くことになります。
また、歩行速度が遅くなれば同時に運動量も低下し、体力は徐々に衰えていくでしょう。たとえ若い世代でも、歩きスマホを繰り返していれば全身の老化が早まってしまうのです。

健康豆知識1563

わが家458
わが家の今日の花

◎スマホをやりながら歩く
スマホをやりながら歩くと、目標はたいてい下に向いてしまいます。下を向いた状態で歩くと、首が曲がり、肩は前に出て背中は丸くなります。この状態は、つま先に体重がかかりやすくなります。すると歩幅が狭くなり、歩く速度は遅くなります。
この状態が日常化すると、姿勢が悪化して背骨や腰の負担が大きくなります。

健康豆知識1562

わが家457
わが家の今日の花

◎スマホをやりながら歩く
世界規模で爆発的に普及したスマホは、便利であると同時に様々な問題の元にもなっています。
街を見渡すと、歩きスマホをしている人が珍しくありません。トラブルや自己の原因となる危険な行為であることはもちろん、スマホ使用者の健康被害にもなるので避けるべき行為です。

健康豆知識1561

わが家456
わが家の今日の花

◎栄養補助食品をランチの代わりにしてはいけない!
たとえばパッケージに「食生活は、主食、主宰、副菜を基本に、食事のバランスを。」と書かれているのを見たことがあると思います。これは食生活が栄養補助食品ばかりに偏らないうように注意を促すため、表示が義務づけられているのです。
栄養補助食品やトクホはあくまでも健康な生活を「補助」するためのものとして考えてください。食生活の中心に据えるものは、できるだけ加工などをあまりされていない食品にしましょう。
また、何らかの症状が現れて悩まされている場合は、市販の食品だけに頼って治療しようとするのではなく、医師の診断を仰ぐようにしてください。

健康豆知識1560

わが家455
わが家の今日の花

◎栄養補助食品をランチの代わりにしてはいけない!
確かに便利であったり、一定の健康効果は認められていたりするものの、これらにばかり頼る食生活は人体にとって不自然といえます。
厚生労働省も決して静観をしているわけではなく、さまざまな表示規制や注意喚起を行っています。

健康豆知識1559

わが家454
わが家の今日の花

◎栄養補助食品をランチの代わりにしてはいけない!
消化しやすい食品ばかりを食べていると、消化に使われるエネルギーが少なくてすみます。その結果、普通の食品を食べたときと比べて余剰エネルギーが多くなり、それが脂肪に変わってしまう恐れがあるのです。
栄養補助食品や特定保健用食品(トクホ)は、不足しがちな栄養素を補ったり、健康増進に関わる効能がある食品として開発された商品です。

健康豆知識1558

わが家453
わが家の今日の花

◎栄養食品をランチの代わりにしてはいけない!
あらゆる生命活動のため、人間はエネルギーを消費します。もちろん、食品を消化吸収するときも例外ではありません。
たとえば、大豆は本来とても消化しにくい食品で、吸収するために大きなエネルギーを使います。しかしソイプロテインとして加工された場合、元の大豆よりも消化しやすくなります。

健康豆知識1557

わが家452
わが家の今日の花

◎栄養補助食品をランチの代わりにしてはいけない!
ダイエットを手助けしてくれる食品として、巷に出回っているものは低カロリー食品だけではありません。
ソイ(大豆)プロテインやシリアルなどを固めたエネルギーバーは、手軽の食べられて最低限のカロリーや食物繊維を摂取できるとして、非常に人気のある栄養補助食品のひとつです。
しかし、ランチの代わりとしてこれらの食品を食べる行為は、あまりおすすめできません。なぜなら、エネルギーバーは消化がよすぎるのです。

健康豆知識1556

わが家451
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
商品の表示上では、カロリーが少なそうに表現されていたとしても、油断して摂り過ぎてしまえば肥満になるほどのカロリー摂取量になってしまうかもしれないのです。
こうした低カロリーを謳う商品には多くの場合、人工甘味料が使われています。実は人工甘味料はダイエットの強い味方、とは言い切れない物質。人工甘味料についての問題点は、後詳しく解説します。

健康豆知識1555

わが家450
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
また、「砂糖不使用」という表記にも注意が必要です。その商品には砂糖を使っていないというだけで、果糖など砂糖以外の糖類が使われている場合があります。コレステロールや脂質、ナトリウムなどに関しても、一定の基準値より低ければ「ライト」や「オフ」、「ダイエット」などの表記を使用することが可能なのです。

健康豆知識1554

わが家449
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
この基準では百グラムあたり五キロカロリー未満の食品の場合、「ゼロカロリー」や「ノンカロリー」と表示しても構わないのです。
また同様に百グラムあたり四十キロカロリー(飲料は二十キロカロリー)以下の食品は、「カロリー控えめ」「カロリーオフ」などと表示できます。
なお、コーヒーなどで「無糖」と表示されている場合でも、糖類が含まれている可能性があります。糖類が百グラムあたり0.5グラム未満であれば「無糖」と表記してもいいのです。

健康豆知識1553

わが家448
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
そのような商品について、「これならいくら飲んでも太らないだろう」などと考えてしまいがちですが、それは大きな間違いです。これらの商品は決してゼロカロリーではありません。
食品メーカーが「糖分控えめ」や「食物繊維たっぷり」などの表示をする場合、何をもって「控えめ」や「たっぷり」なのかを決めるため、基準となっているルールがあります。日本では法律で「栄養表示基準」というものが定められているのです。

健康豆知識1552

わが家447
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
世間にはダイエット用に調整された食品として、数多くの商品が出回っています。しかし、そういった食品ばかりを口にしていても、本当に痩せられるとは限りません。
栄養のバランスを崩してしまい、かえって肥満体質になってしまうような食品がいくつもあるのです。
たとえば、商品名に「ノンカロリー」「ダイエットオフ」「ダイエット」などの文言が入った炭酸飲料があります。

健康豆知識1551

我が家446
わが家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
ため息をつきそうになったときは、意識して鼻から深く息を吐くようにしてください。また、普段から口をしっかりと閉じて、鼻呼吸を行うように気をつけましょう。息を吸うときも吐くときも、鼻で行うのが理想的です。
□無意識の内に口を開けている
□朝起きたとき、喉がかわいている
□アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まりやすい
□唇が乾きやすい
□いびきをかきやすい
□口を閉じると苦しく感じる
□風邪をひきやすい
□口臭が気になる
これらの項目にチェックが入る場合、口呼吸が癖になっている可能性があります

健康豆知識1550

我が家445
我が家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
たとえば、大気温度が零度で湿度も約50パーセントになるといわれています。
口呼吸が癖になると、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまうのです。また、口呼吸は口臭や歯周病、虫歯や睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな弊害を呼び寄せてしまいます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR