FC2ブログ

健康豆知識1641

わが家543
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
テストステロンが低下し、エストロゲンが体内に多く分泌されるようになれば、男性でも、精神的に行くじをすることに適した状態になります。男性が子育てをするためには、それは非常によい結果なのですが、男性機能の面から考えた場合、注意しなければならない状態といえます。

健康豆知識1640

わが家542
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
勿論男性が育児をすることを否定しているわけではありません。ただ、行き面になる場合はあらかじめいくつかの注意が必要です。
その一つに長時間または長期にわたり男性が家事や育児を行うことによって、テストステロンの分泌が低下するけいこうがあげられます。

健康豆知識1639

わが家541
わが家の今日の花

◎健康意識のなkままイクメンになる
また、女性ホルモンの代表でもあるエストロゲンは、家でも子育てを行うことに適しており、イクメンはホルモンのバランス的には、適しているとはいえないのです。脳科学でも、賛成と女性を比較した場合、育児に対しての対応力がまったく違うということがわかっています。とくに乳幼児の世話をする場合、さまざまなことに対し、女性のほうが素早く対応できることがわかっています。

健康豆知識1638

わが家540
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
育児休暇を取るなど、子育てに積極的な男性を指す「イクメン」という言葉、最近、世間ではかなり浸透しているようで、知らない人はいないくらいですね。厚生労働省による制度的なバックアップの甲斐もあり、多くの男性がイクメンを実施しているようです。
しかし、男女のホルモン的見地からいえば、本来、男性ホルモンの代表ともいうべきテストステロンは外に出掛けて狩猟を行うことに適しています。

健康豆知識1637

わが家539
わが家の今日の花

◎ドーパミンとアドレナリンの負の一面
また、困難や試練に向かう際に分泌されるアドレナリンは、大きな行動力や活力を生み出しますが、過剰に分泌されると体に掛かる負担も相当なものです。相手に尽くそうとして頑張り過ぎてしまい、ふと気がつくとストレスや疲労でボロボロに・・というケースは珍しくないのです。
一方的に尽くす関係ではなく、恋人とはお互いを尊重しあう関係を目指したいものです。

健康豆知識1636

わが家538
わが家の今日の花

◎ドーパミンとアドレナリンの負の一面
パートナーの要求に振り回されている時、「自分はこの人のために頑張っている!だからこんな試練も乗り越えられた!自分はこの人のことをものすごく好きだから、こんな辛いことにも耐えられるんだ」というような思い込みをしてしまうというのです。
あなたがもし異性に尽くすのが好きなタイプだとしたら、「相手のために頑張って尽くす自分」に酔っていないか、客観的に一度自分を見つめ直してください。

健康豆知識1635

わが家537
わが家の今日の花

◎ドーパミンとアドレナリンの負の一面
たとえばギャンブルやアルコールなどの依存症、過食や買い物依存症は、ドーパミンが悪影響を与えてしまった結果、起こる場合がほとんどです。
また、相手に尽くさせることで、相手からの愛情をより多く得られるという理論は、心理学的にも検証されています。
社会心理学者のダリル・ぺ無が唱えた「自己知覚理論」によると、相手に尽くせば尽くすほど、自分自身が相手のことをどんどん好きだと思ってしまうのだそうです。

健康豆知識1634

わが家536
わが家の今日の花

◎ドーパミンとアドレナリンの負の一面
このドーパミンの依存症は凄まじく、もちろんよい方向に働いた場合は日常生活のさまざまなシーンで役立ちます。たとえば仕事や勉強、運動などでもっと頑張りたい」「もっと上手になりたい」という向上心の源になることもあります。
しかしこれが悪い方向に働いてしまった場合、恐ろしいことになってしまいます。

健康豆知識1633

わが家535
わが家の今日の花

◎ドーパミンとアドレナリンの負の一面
男女を問わず、パートナーの要求に応えたときはドーパミンが放出され、大きな達成感を味わいます。このドーパミンには依存性のものがあり、脳は「もう一度あの感覚を味わいたい!」と考えて、さらに要求に応えようとします。その結果、「もう、あの人無しではいられない・・」などという麻薬状態になってしまうというのです。

健康豆知識1632

わが家534
わが家の今日の花

◎異性に尽くす
アドレナリンが活発な状態が長時間続いた場合は体の負担もあるのですが、適度に放出されるのであれば身体機能をアップサセ「ワガママに応えるパワー」を生み出す効果があるのです。

健康豆知識1631

わが家533
わが家の今日の花

◎異性に尽くす
ドーパミンは快感を覚えた際に分泌されるホルモンの一種で、やる気を産み出す、ストレスを解消する、物事の対する意欲を高める等の作用があります。
一方、アドレナリンはストレスを感じた際に発生するホルモン。命を左右するような危機的状況で、全身の運動機能を高めたり、精神を集中させる働きがあります。

健康豆知識1630

わが家532
わが家の今日の花

◎異性に尽くす
その理由のひとつとして考えられるのが、ストレスによって呼び起こされるホルモン、「ドーパミン」や「アドレナリン」の影響です。
男性はどちらかというと征服欲や独占欲が強い傾向にあります。ワガママな女性が出す無理難題を乗り越えようとするとき、男性はドーパミンやアドレナリンの力を得られます。

健康豆知識1629

わが家531
わが家の今日の花

◎異性に尽くす
男性に尽くすタイプの女性と、男性を振りまわすタイプの女性、どちらの男性からモテると思いますか?明確な答えはもちろんありませんが、不思議と男性を振りまわすワガママタイプの女性のほうが、男性に人気が出やすいようです。
見た目で言えば決して美女というわけではないのに、何故か男性からのアプローチが多いというワガママな女性、あなたの周囲にもいませんか?

健康豆知識1628

わが家530
わが家の今日の花

◎明るい部屋が少子化を招く?
また、エストロゲンの分泌量を適正にする働きもあります。エストロゲンは女性らしさを育むホルモンですが、増えすぎれば乳がんのリスクを高めてしまうため、メラトニンで調整してやる必要があるのです。
さらにメラトニン荷は高い抗酸化作用があり、卵子を保護して、妊娠する確率を高める効果も見込まれています。
部屋を暗くすることは、今すぐできる少子化対策なのではないでしょうか。

健康豆知識1627

わが家529
わが家の今日の花

◎明るい部屋が少子化を招く?
また、部屋を暗くすると、睡眠リズムを安定させるホルモンである「メラトニン」の分泌を増やせるというメリットもあります。このメラトニン、快眠効果以外にもさまざまな働きをする、非常に有用なホルモンです。
メラトニンには満腹ホルモンである「レプチン」の分泌を促して、食欲を抑える効果があります。肥満を予防できるのです。

健康豆知識1626

わが家528
わが家の今日の花

◎明るい部屋が少子化を招く?
そのようなことにならないためには、ホルモンの減退を防ぐために、部屋の明かりは間接照明を選んで夜はやや暗い空間で過ごすことをおすすめします。
副交感神経が働くことで、テストステロンやエストロゲン、オキシトシンがスムーズに分泌されるようになるでしょう。ストレスが減り、ホルモンの分泌が増える上、パートナーとの営みも増えるのではないでしょうか。

健康豆知識1625

わが家527
わが家の今日の花

◎明るい部屋が少子化を招く?
すると男女共に性欲が減退し、まず男性の勃起障害が起こりやすくなります。また、パートナーを思う気持ちも薄れてしまいます。そうなればセックスレスとなってしまい、少子化は待ったなし。日本の人口減少の一因は日本があまりにも明るすぎるから・・・からなのかもしれません。

健康豆知識1624

わが家526
わが家の今日の花

◎明るい部屋が少子化を招く?
LED照明や蛍光灯、そしてスマホ画面などの明るい光は、動物に強いストレスを与えます。交換神経が刺激され、脳の視床下部には、男性であれば男性ホルモン(テストステロン)、女性であれば女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑えるよう信号が届けられます。されには、パートナーとの絆を強くする作用があるオキシトシンの分泌まで抑制されてしまうというのです。

健康豆知識1623

わが家525
わが家の今日の花

◎明るい部屋が好き
しかしこの明るさは、生き物にとって決して自然な状態ではありません。明るい空間に慣れているつもりでも、夜間の明るい照明県境は、現代人の体に着実なダメージとして積み重なっているのです。

健康豆知識1622

わが家524
わが家の今日の花

◎明るい部屋が好き
それに比べると日本は、明るい街灯が街を日没前から夜明けまで照らし、深夜でもコンビニの証明は煌々とついています。さらに最近、LED照明が急速に普及していった結果、昼間のように明るい部屋で夜遅くまで過ごすという人も多いでしょう。

健康豆知識1621

わが家523
わが家の今日の花

◎明るい部屋が好き
日本の夜は、諸外国と比べるとどうも明るすぎるように思えます。たとえばヨーロッパやアメリカなどの空港や街並み、さらには部屋の中などがやけに暗く感じるほど日本は明るくないのでしょうか
ヨーロッパやアメリカの街灯は橙色が多いですし、宿泊すれば部屋の明かりは間接照明がほとんど。自宅の証明とは違うと思いますが、ホテルであれば上から照らす灯りはシャンデリアくらいなのです。

健康豆知識1620

わが家522
わが家の今日の花

◎長く連れ添ったパートナーと「幸せ」を噛みしめて
また、男性の場合は自慢や自分の凄さをアピールすることで多く分泌し、女性の場合は愚痴を聞いてもらうことでも、これらのホルモンを多く分泌できるといわれています。
長年連れ添っているカップルの場合、「恋人の話を聞くのが面倒」という方もいるかもしれませんが、お互いに相手の話を聞ことで、ホルモンパワーを活性化することができるのです。

健康豆知識1619

わが家521
わが家の今日の花

◎長く連れ添ったパートナーと「幸せ」を噛みしめて
マンネリを解消するために、パートナーとはいつも新鮮な体験をするように心がけてください。そして目一杯、幸せな気分を高めてください。
ホルモンの中には幸福感をもたらすさようがある「脳内麻薬」とも呼ばれる「エンドルフィン」「ドーパミン」などがあります。これらは恋愛をすることでも発生しますが、美味しいものを食べる、運動をする、嬉しいことをイメージするなどの行為でも生み出せます。

健康豆知識1618

わが家520
わが家の今日の花

◎長く連れ添ったパートナーと「幸せ」を噛みしめて
イリノイ大学のエド・ディーナー博士の発表によると、幸福感が強い人はそうでない人と比べ、寿命が9.4年も長いといいます。また、彼がミカエル・チャン博士らと共同で行った調査によれば、幸福を感じている人は不幸せと感じている人に比べて、長生きする可能性が14%も多いというのです。

健康豆知識1617

わが家519
わが家の今日の花

◎長く連れ添ったパートナーと「幸せ」を噛みしめて
マンネリ化してしまった関係よりも、新しい恋愛のほうが脳のアンチエイジングにはいいのかもしれませんが、昨今の不倫騒動などを見ると、長く恋愛関係にあったとしていつもドキドキの関係であればいいのかもしれませんね。
いくら新しいトキメキが大事とはいえ、すでに大切なパートナーがいる場合は、二人の関係性を大切にしたほうがいいという報告もあります。パートナーとの破局によって幸せが失われてしまうと、寿命が縮んでしまう可能性があるというのです。

健康豆知識1616

わが家518
わが家の今日の花

◎長く連れ添ったパートナーと「幸せ」を噛みしめて
先述のエマニエル博士らの実験では、恋愛関係を2年以上継続している男女よりも、新しい恋愛をスタートしたばかりの男女の方が神経成長因子の値が高いことがわかっています。新鮮なトキメキを感じている人のピーク値と比べると、長く恋愛関係にいた人は約半分まで減少していたというのです。

健康豆知識1615

わが家517
わが家の今日の花

◎トキメキがない
とくに神経細胞の発生や機能の維持に必要とされ、人間の学習機能や認知機能を向上させる働きもあります。もしも神経成長因子の働きが弱ってしまえば、脳の機能は衰えていき、アルツハイマー型痴呆症になってしまう恐れもあります。
つまり恋のトキメキには、脳の老化を遅らせる効果があるのです。

健康豆知識1614

わが家516
わが家の今日の花

◎トキメキがない
これは、イタリアのエンゾ・エマヌエレ博士が行った実験結果に伴う報告によるもの。被験者の「神経成長因子」を測定したところ、恋をしている男女の血中の神経伝達因子は、そうでない人と比較して40パーセントも上昇していたというのです。
この神経成長因子とは、脳を構成する神経細胞(ニューロン)の抹消組織で検出されるもの。

健康豆知識1613

わが家515
わが家の今日の花

◎トキメキがない
年齢を重ねるにつれて「トキメキ」というものを忘れてしまいがちとよく言われます。「もう恋をするなんて年齢じゃないし、なんだか気恥ずかしい」などと、ときめく心を失ってしまったあなた!そのような気持ちを持たずに、今すぐ恋をしてトキメキを取り戻すようにしてください!
恋をしているときのトキメキは、健康と長寿をもらたしてくれるということが科学的に証明されているからです。

健康豆知識1432

わが家514
わが家の今日の花

◎低身長な人ほど長生きできる可能性が?
ただし、身長が低いからといって、健康管理を怠ればがんのリスクは増大しますし、身長の高い人も過剰にがんの発症を心配する必要はありません。健康的な生活を送り、定期的ながん検査を行っていれば、命に関わる重大なリスクは軽減できます。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR