FC2ブログ

健康豆知識1698

わが家600
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
とくに味噌は腸内細菌を活性化する麹菌や乳酸菌、酵母菌などさまざまな菌の協力によって作られており、健康効果は抜群です。
味噌に対して「塩分が多そうだから、高血圧や心臓病になりそう」といったイメージを持つ人は少なくないでしょう。しかし最近の研究では、味噌汁であれば、そこまで塩分を心配する必要はないという報告もあります。

健康豆知識1697

わが家599
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
日本特有の発酵食品の多くは、味噌や納豆など大豆が由来となっています。大豆を使った発酵食品は抗酸化力が高く「がん予防になる」と考えられています。
また、一部の腸内細菌は、大豆に含まれているイソフラボンから、女性ホルモンに似た効果を強く発揮できるエクオールという成分を生み出します。この成分は前立腺や乳がんを予防する効果が期待されているのです。

健康豆知識1696

わが家598
わが家の今日の花

◎味噌汁を飲まない
味噌やしょうゆ、みりん、酢などの調味料、漬け物やかつお節、納豆など、和食の献立では発酵食品が必ずといっていいほど登場します。
日本古来の発酵食品は、日本人の常在菌と相性が良好です。豊かで健康的な腸内フローラを作るためには、ぜひ有効活用しましょう。

健康豆知識1695

わが家597
わが家の今日の花

◎味噌汁を飲まない
発酵食品はさまざまな国や地域で食べられていますが、なかでも日本は世界でも有数な発行大国と呼べるほど、発酵食品が盛んに食べられています。日本は高温多湿で、発酵食品を作る菌が活躍しやすい環境なのです。

健康豆知識1694

わが家596
わが家の今日の花

◎味噌汁を飲まない
発酵食品は御存知の通りさまざまな菌の力によって生み出されます。食品に含まれる成分を、乳酸菌や麹菌などの微生物が分解することで、味や風味が豊かになり、さらにさまざまな健康成分が作られます。発酵食品は栄養価が非常に高く、腸内環境を善玉菌優位にする効果があります。

健康豆知識1693

わが家595
わが家の今日の花

◎グルテンを避ける食生活を
グルテンを避けながら、どうしてもパンや麺類を食べたいときは、米粉パンやそばを選んでみてはいかがでしょうか。比較的低カロリーなため、ダイエットにも適した主食です。
まったくグルテンを摂らない食生活は難しいかもしれません。それでも可能な限り、グルテンに意識を向けるようにしてください。

健康豆知識1692

わが家594
わが家の今日の花

◎グルテンを避ける食生活を
グルテンのリスクを避ける一番の方法は一つだけ。グルテンをなるべく摂らない「グルテンフリー」な食生活を心がけることです。
擬流転はパンやパスタ、うどんやラーメンなどの小麦製品だけでなく、トマトケチャップやアイスクリーム、穀物酢などにも含まれていることがあります。小麦を使ったシリアルなどはヘルシーな印象もあるでしょう。食物繊維や栄養価から考えれば健康的といえそうですが、グルテンを視野に入れるなら避けたい食品です。

健康豆知識1691

わが家593
わが家の今日の花

◎パンが好き
食欲をそそる食感を生み出す立役者ではあるのですが、糖尿病やアレルギー、うつ病や認知症など体にとってさまざまな悪影響を及ぼす側面もあります。
粘性の強いグルテンの成分は、栄養素の分解や腸からの吸収を阻害し、消化不良を引き起こします。また、グルテンに対してとくに耐性のない人の場合は、腸の粘膜に大きなダメージを与える危険性があるのです。そうなれば腸内環境は悪化し、先ほど上げたような症状を招いてしまうでしょう。

健康豆知識1690

わが家592
わが家の今日の花

◎パンが好き
朝食にはモチモチ食感のパンが欠かせないという方、多いのではありませんか?でも、何気なく食べているパンが腸内環境を荒らす危険な食べ物だとしたらどうでしょう。
みなさんはグルテンという物質をご存知でしょうか。小麦や大麦、ライ麦などの穀類に含まれているタンパク質です。グルテンには粘性があり、パンや麺類などのモチモチ感はこの物質由来のものです。

健康豆知識1689

わが家591
わが家の今日の花

◎腸内環境が整うとどうなる?
・免疫力が高まる
 免疫細胞の約70%は腸で作られている。そのため、良好な腸内環境であれば免疫力は高まる。
・病原菌や有害物質を排出する
 口や鼻から侵入した病原菌や有害物質を、下痢などの防衛反応で体外へ排出する。

健康豆知識1688

わが家590
わが家の今日の花

◎腸が変われば花粉症対策にも
このように、腸はさまざまな病気や体の不調に関係しています。病気を防ぎ、健康長寿を実現する近道は、腸内フローラを満開にすることなのです。あなたもぜひ、日常生活を小さなことから改善して、素晴らしい腸内環境を手に入れましょう。

健康豆知識1687

わが家589
わが家の今日の花

◎腸が変われば花粉症対策にも
また、人間の持つ免疫細胞にはマクロファージという白血病の仲間がいます。彼らは外部から入ってきて病原菌などを飲み込み、無力化する役割を果たしています。また、古くなった細胞を処理してくれるため、アンチ英人愚に必要な存在でもあります。
近年は自然な環境の中にいる細菌が、このマクロファージを活性化させる物質を出しているのではないかという研究が進められています。

健康豆知識1686

わが家588
わが家の今日の花

◎腸が変われば花粉症対策にも
バランスの言い腸内フローラであれば、Tレグ細胞が過剰な免疫機能を抑えてくれるため、アレルギー疾患になりにくいのです。このTレグ細胞を増やすためには、腸内細菌が生み出す短鎖脂肪酸が必要になるのです。
腸内細菌の作る短鎖脂肪酸には、糖尿病(2型)を改善する効果も見込まれています。短鎖脂肪酸は腸に作用してインクレクチンと呼ばれるホルモンを分泌させます。インクレクチンと呼ばれるホルモンを分泌させます。インクレクチンは膵臓に働きかけ、インスリンを分泌させる効果があるのです。

健康豆知識1685

わが家587
わが家の今日の花

◎腸内細菌の波乱須が免疫機能の密接に関わっている理由、それは腸内細菌が免疫機能のブレーキ約になるからです。外部からの侵入者に対抗する重要な免疫機能に、ニ種類の免疫細胞があります。一つは攻撃を担当する「T細胞」、もう一つは攻撃を抑えるブレーキ約の「Tレグ細胞」です。Tレグ細胞の働きが滞り、T細胞ばかりが活発になるのは、アレルギー疾患の原因の一つです。

健康豆知識1684

わが家586
わが家の今日の花

◎腸が変われば花粉症対策にも
免疫機能は私たちの体を守ってくれる心強いしくみですが、ときに暴走して害をなすこともあります。花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患は、体に入ってくる異物に対して免疫機能が過剰に反応した結果、体にまでダメージを負ってしまう病気です。
アレルギー疾患は症状も原因もさまざまですが、免疫機能を正しく働かせることで症状を軽減できるケースもあります。そのためには、人体最大の免疫器官である腸が健康でなければいけません。

健康豆知識1683

わが家585
わが家の今日の花

◎がんを治す?
また、腸内細菌の中には、有害物質を産出してがんを引き起こす危険性のあるものも存在します。その種の菌はかなり太りすぎている人の腸を好んで増えるといわれています。そういった菌に対抗する方法は決して難しくありません。食生活を変えて腸内環境を改善し、さらにダイエットをして肥満を解消すればいいのです。

健康豆知識1682

わが家584
わが家の今日の花

◎がんを治す?
がん細胞は細胞分裂の際に生じてしまうコピーエラーのようなもので、私たちの胎内で毎日生まれているのです。新たに発生したがん細胞は、免疫機能によってすぐに処理されるため、免疫さえしっかりとしていれば問題にならないはずなのです。
人体に備わっている免疫機能は、がんに対する天然の特効薬です。がん細胞への攻撃力を高めるには、体の免疫機能をしっかり働かせることが大切なのです。その鍵を握っているのが、腸内フローラというわけです。

健康豆知識1681

わが家583
わが家の今日の花

◎がんを治す?
腸内細菌のバランスがとれた健康的な腸内フローラの持ち主は、優れた免疫機能によって病気知らずで過ごせます。腸内細菌がもたらしてくれる健康効果について解説していきましょう。
がんは日本人の死因として最も多い病気です。そのため、がんに対して漠然と「かかったら命に関わる恐ろしい病気」というイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。しかし、がん細胞そのものは決して恐ろしいものではありません。

健康豆知識1680

わが家582
わが家の今日の花

◎健康な腸はこんなに働いている
うつ病の治療に使われる抗うつ剤(セロトニンの合成を高める)より、食事を改善して腸内環境を高めたほうが効果的なケースがあるともいわれています。
このように、腸は心身の健康を守るため八面六臂の活躍をしています。しかしそれは腸が健康であってこそ。腸内フローラの状態が整っていなければ、免疫機能はうまく働きませんし、幸せホルモンも減少してしまうのです。

健康豆知識1679

わが家581
わが家の今日の花

◎健康な腸なこんなに働いている
腸にはたくさんの神経細胞が集まっており、「第二の脳」とも呼ばれています。事実、腸は、脳とは別の命令系統を持ち、消化や排泄などを独立して司っているということがわかってきています。
脳内でさまざまな働きをする神経伝達物質の中には、腸内で作られているものが少なくありません。意欲やモチベーションを司るドーパミンは、腸内最近の助けがなければ生み出せません。幸せホルモンと呼ばれ心身の安定をもたらすセロトニンの場合、その八割以上は腸内で生成されているのです。

健康豆知識1678

わが家580
わが家の今日の花

◎健康な腸はこんなに働いている
また、腸は栄養を吸収するだけでなく、栄養を生み出す働きもしています。、ビタミンB2、B6、B12、K、パントテン酸、葉酸、ビオチンなどのビタミン類は、腸に届いた食物が腸内フローラの活躍で分解されることにより生み出されます。
また、食物繊維を消化して短鎖脂肪酸という健康物質を産出するのも腸の役目です。短鎖脂肪酸は免疫力の増加や肥満、糖尿病の予防、発がん予防などさまざまな健康効果が見込まれています。

健康豆知識1677

我が家579
わが家の今日の花

◎健康はこんなに働いている
そのため、腸には厳重な防衛機構が備わっています。病原菌やウイルスを攻撃する免疫細胞の生産や貯蔵はここで行われています。前述の通り、人体の免疫力のうち約七割は腸内環境が担っているというのはこのことです。また、下痢などで異物を追い出すのも、普段から腸内環境が整っていてこそ起こる防衛反応です。

健康豆知識1676

わが家578
我が家の今日の花

◎健康な腸はこんなに働いている
腸内フローラのバランスがいいとき、腸は私たちの胎内ではどのような働きをしているかご存知でしょうか。腸は「消化器官」という枠に留まらない、さまざまな役目を果たしています。
腸は胃で溶かされた食物から栄養や水分を吸収しています。外界から入ってきたものを体内に取り込むゲートと言い換えてもいいでしょう。もしも腸を自由に素通りできてしまったら、ウイルスや病原菌、有害物質は、体に侵入し放題になってしまいます。

健康豆知識1676

わが家577
わが家の今日の花

◎善玉菌、悪玉菌、日和見菌がひしめき合っている
腸内フローラを構成する菌の理想的なバランスは、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合が、それぞれニ対一対七であるとされています。このバランスが崩れて悪玉菌やそれに影響されて日和見菌が活発になってしまうと、腸内細菌が出す有害物質が体に蓄積される、善玉菌の働きが阻害されて免疫力が低下するなど、体にとってさまざまな問題が生じるのです。

健康豆知識1675

わが家576
わが家の今日の花

◎善玉菌、悪玉菌、日和見菌がひしまき合っている
もちろん、悪玉菌が腸内フローラで優位になると、腸の働きが悪くなる、免疫力が低下するなど、体への悪影響が起こりかねません。しかし悪玉菌もまた、腸内フローラを構成する大切な共生相手といえるのです。
また、このニ種類に比べると耳馴染みのない方も多いかもしれませんが、腸内細菌の大多数を占めているのは日和見菌です。その呼び名が示す通り日和見主義的な性質を持つ菌で、腸内で善玉菌が優位な場合は善玉菌を、悪玉菌が優位な場合は悪玉菌を助ける性質があります。

健康豆知識1674

201902-4.jpg
わが家の今日の花

◎善玉菌、悪玉菌、日和見菌がひしめき合っている
しかし実際は単純に「善玉菌=いい菌、悪玉菌=悪い菌」とは言い切れません。善玉菌の中にはそれほど活発に働かず、健康効果亜が高くなう菌もいます。また、悪玉菌とされるクロストリジウム属の菌の中には、大腸炎の抑制に役立つ種類もいると判明しています。

健康豆知識1673

わが家575
わが家の今日の花

◎善玉菌、悪玉菌、日和見菌がひしめき合っている
腸内フローラを構成する腸内細菌を説明する際、善玉菌や悪玉菌といった分類をすることがあります。善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌を代表とする、増えると健康維持につながるとされる細菌。悪玉菌は大腸菌やウェルシュ菌など、増えると体に害をなすとされる細菌をさしています。

健康豆知識1672

わが家574
わが家の今日の花

◎腸内フローラとは?
人間の腸内に潜んでいる細菌の数は百兆を超えるといわれ、腸内細菌叢という集まりを構築しています。ここにいる腸内細菌たちは、共生と競争を繰り返しながらひとつの生態系を構築しているのです。その状態は複雑で、まるで指紋のように人それぞれ違います。
腸内細菌叢は細菌の種類ごとに腸壁でコロニーを形成し、まるで花畑のように広がっていることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。

健康豆知識1671

わが家573
わが家の今日の花

◎腸内フローラとは?
たとえ同じような生活をしていて、同じものを食べていたとしても、病気にかかりやすい人とそうでない人がいます。病気にかかりやすいかどうかを決める原因は遺伝的体質や環境などさまざまですが、個人の持つ免疫力によるところも大きいでしょう。実はこの免疫力のうち約7割は腸内環境が担っているのです。

健康豆知識1670

わが家572
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
涙を流すことには、これらの過剰に分泌されてホルモンを輩出し、体内のホルモンバランスを改善する効果があるのです。ストレスを感じたときは、泣ける映画を観るなどして思い切り涙を流すことが生体バランスを整えることにつながります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR