FC2ブログ

健康豆知識1686

わが家588
わが家の今日の花

◎腸が変われば花粉症対策にも
バランスの言い腸内フローラであれば、Tレグ細胞が過剰な免疫機能を抑えてくれるため、アレルギー疾患になりにくいのです。このTレグ細胞を増やすためには、腸内細菌が生み出す短鎖脂肪酸が必要になるのです。
腸内細菌の作る短鎖脂肪酸には、糖尿病(2型)を改善する効果も見込まれています。短鎖脂肪酸は腸に作用してインクレクチンと呼ばれるホルモンを分泌させます。インクレクチンと呼ばれるホルモンを分泌させます。インクレクチンは膵臓に働きかけ、インスリンを分泌させる効果があるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR