健康豆知識1450

わが家344
わが家の今日の花

◎がん治療には治療計画が大切
ANK療法で投与する高い生理活性を持つNK細胞は、体内でサイトカイン(免疫刺激物質であり発熱物質)を放出し、体内に眠っているNK細胞を目覚めさせる作用があります。その際に、発熱を伴います。
ANK療法は高熱を発するので怖がられる方もいますが、それを続けると、いつか免疫抑制の壁を突破してがんが消滅するのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR