健康豆知識1439

わが家333
わが家の今日の花

◎がん治療には“旬”がある
もし、それが早期がんの早期発見・早期治療だったら幸運です。しかし、比較的予後のよい大腸がんでも、進行がんになると生存率は急に下がってしまいます。早期のうちに治療できるかどうか、それが第一の分かれ目です。
次に進行がんであったときです。そのとき、標準治療とは別の選択肢(ANK療法)を知っていて、すぐに動くか、動かないかが第2の分かれ目になります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR