健康豆知識1433

わが家327
わが家の今日の花

◎標準治療を補完するANK療法
殺細胞剤の限界はかねて認識されていましたが、最近になって、がんに対する分の悪さがよくわかってきました。しかも細胞レベルでがんの研究が進み、腫瘍組織の芽として「がん細胞」が存在すること、殺細胞剤で根絶するのが厄介な性質であることがはっきりしてきたからです。がん幹細胞をどうにかしなければ、がんの根治は困難だということです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR