健康豆知識1428

わが家322
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
数年後には、現在治験中の画期的な分子標的薬が使えるようになるでしょう。そうすれば、ANK療法と画期的分子標的薬の併用で、恐らく10年以内にがん治療のシーンが変貌する可能性があります。
かつて、私が医師になったころ胃潰瘍や12指腸潰瘍で胃を切除していた時代がありました。現在では、胃切除手術といえばがんに決まっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR