健康豆知識1426

わが家320
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
保険診療では胃がん、乳がんだけにハーセプチンの使用が認められています。しかし、それは胃がん、乳がんだけ治験が行なわれたということであって、ハーセプチンは固形がんでHER2がある程度生えていれば有効な薬です。これは重要なことで、血液のがんを除くすべての固形がんに対して、ハーセプチンは「使える武器」なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR