健康豆知識1420

わが家314
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と標準治療
分子標的薬の使用は欧米ほど多くなく、しかも殺細胞剤を併用するという、本来の薬剤設計に反する投与方法が一般に行なわれています。こうした治療設計は、今後見直されていくべきだと考えています。
とはいえ、私は決して殺細胞剤を全否定する立場ではありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR