健康豆知識1405

わが家299
わが家の今日の花

◎化学療法の効果を高める「合間治療」
この方法だと、ANK細胞の治療強度は低く、がんを強力に攻撃するような力はありません。高熱などの激しい副反応(免疫刺激の明らかな証拠)もあまり現れません。しかし、実行している医師の感触としては、患者さんが化学療法を続けられる期間が延び、殺細胞剤の効きもよくなるようなのです。
この場合も、殺細胞剤に薬剤耐性が生じたら、すぐに殺細胞剤の投与はやめ、通常のANK免疫細胞療法に切り替えます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR