健康豆知識1399

わが家293
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
ところが、同じ併用でも、殺細胞剤とANK細胞のタイミングをずらさずに「同時投与」すると、そのような効果はまったく期待できないことになります。がん細胞を選択的に攻撃できるANK細胞を投与しているにもかかわらず、殺細胞剤はその強力な攻撃部隊にまで大きなダメージを与えてしまいます。敵陣(がん)に向かって突撃している精鋭部隊(ANK)に対して、味方(殺細胞剤)が後ろから容赦なく砲弾を浴びせるようなものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR