健康豆知識1398

わが家292
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
また同時に、殺細胞剤で免疫力の低下した体内に、活性を高めたNK細胞(ANK細胞)を投与してやることになり、脆弱化した免疫を立て直すことになる点でも非常に理にかなっています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR