FC2ブログ

健康豆知識1396

わが家290
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
殺細胞剤は、がん細胞の増殖(分裂)が速いことに着目し、その「分裂」のタイミングに標的を絞った薬です。分裂中の細胞を殺すことで、相対的にがん細胞のほうをより多く減らそうとする設計なのです。したがって、がんを叩くときに分裂中の正常細胞が巻き添えを食うことは、はなから必要悪として織り込んでいるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR