FC2ブログ

健康豆知識1388

我が家282
我が家の今日の花

◎殺細胞剤の薬剤耐性
殺細胞剤ががんをなくしきれない理由としては、薬剤耐性とともに、がん幹細胞の存在も挙げられます。腫瘍組織のなかには、がん細胞に対する割合は少ないものの、分裂・増殖が極めて遅いがん幹細胞がいます。殺細胞剤で叩くと、がん細胞の総数は大きく減りますが、がん幹細胞は分裂が遅いためにほとんど生き残ります。治療を続けるうちに、これらも薬剤耐性を持ち始めると考えられます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR