健康豆知識1384

我が家278
我が家の今日の花

◎手術が難しいがんをANK免疫細胞療法で縮小して手術
このような場合、手術を終えたら、さらにANK免疫細胞療法を続けて残存・分散がんを叩くという治療設計になることが多いでしょう。周辺組織に手がつけられないというケースでは、先にANK免疫細胞療法を行なって、その後に手術という、普通とは逆の順番もありえるということです。さらに、そのような場合の手術でも、腫瘍の取り残しが必ずしもタブーではないといえます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR