健康豆知識1377

我が家270
我が家の今日の花

◎大きな腫瘍を切除し、ANK免疫細胞療法でとどめを刺す
しかし、術後にANK免疫細胞療法を予定している場合には、少しニュアンスが変わります。体内に残った少量のがんを叩くことなら、ANK免疫細胞療法の守備範囲に入ってくるケースがあるからです。したがって、危険な部位に浸潤しているがんなど、あえて一部のがんを取り残すことも理屈としては可能になるわけです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR