健康豆知識1376

我が家269
我が家の今日の花

◎大きな腫瘍を切除し、ANK免疫細胞療法でとどめを刺す
「体内に残ったがん細胞」は、散らばった可能性の高い、目に見えない転移がんなどのことです。通常、腫瘍の取り残しはタブーになっていて、あえて一部のがんを取り残すような手術は行なわれません。取り残したがんは急激に勢いを増すことを、経験的に医師たちは知っているからです。そのような手術は、患者さんの利益にならないと考えるのが一般的なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR