FC2ブログ

健康豆知識1374

我が家262
我が家の今日の花
FC2のメンテナンスが終了しても、新画像が反映出来ないため旧画像にて

◎大きな腫瘍を切除し、ANK免疫細胞療法でとどめを刺す
②ANK免疫細胞療法の点滴を受けられるのは、通常新派旧の採取から3週間前後たってNK細胞の培養ができてからになります。その間に手術を行ない、腫瘍を摘出します。可能なら、がん細胞のサンプル(1㎝角の大きさ)をもらって、専用保存液に入れて京都に送り、CTLを培養してもらいます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR