健康豆知識1359

我が家254
我が家の今日の花

◎標準治療とANK免疫細胞療法は補完関係
基本は、ANK免疫細胞療法を標準治療と併用することでそれぞれの治療のメリットを最大限に引き出し、デメリットを極力打ち消すことです。
例えば、大きな腫瘍や勢いよく増殖しているがんを治療する場足、可能ならまずリンパ球を採取して、NK細胞の培養を始めます。そして、その間に標準治療(手術、放射線、化学療法など)で効率よく腫瘍を縮小させ、がん細胞を減らします。その後、ANK免疫細胞療法を行なえば、標準治療で数を減らしたがん細胞に対してANK細胞が優位に立ち、しらみつぶしにして完治へ導くといったイメージが描けるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR