健康豆知識1343

我が家239
我が家の今日の花

◎1クール半ばで2クール目を検討
順調に増殖・活性化が進めば、1クール目と2クール目の点滴を、治療設計どおりに連続して進めることができます。
ちなみに、1990年代に一般診療を始める前に行なった臨床試験では、1クールで治療を終えるという発想はなかったと思います。何クールでも点滴を繰り返し、治るまで続けるのが本来のANK免疫細胞療法なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR