健康豆知識1340

我が家236
我が家の今日の花

◎1クール半ばで2クール目を検討
そのような場合は、経過を観察して異常が出たときに迅速に対処すればよいということになります。
逆に、進行がんの末期で、もう打つ手がんはいといわれるギリギリまで標準療法を続けてきたような場合は、ANK免疫細胞療法をみもってしても、免疫の再建および治療は非常に厄介になります。たび重ねてきた化学療法や放射線療法によってNK細胞をはじめとする免疫系も疲弊していて、1クールのANK免疫細胞療法では、免疫系を回復させるだけで精いっぱいということも珍しくありません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR