健康豆知識1334

我が家230
我が家の今日の花

◎副反応は作用(免疫刺激)の裏返し
これらは、たしかにつらい症状ですが、免疫抑制を破るために起こっている大切な反応でもあります。発熱は、免疫が目覚めるときに必ず伴う反応ですから、逆に免疫細胞療法の強度を測るうえでの、有力な尺度にもなります。現在、さまざまな免疫細胞療法が存在しますが、治療(点滴)をしても発熱するようなことがない場合は、がん絶滅に必要な治療強度が得られていない可能性があります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR