FC2ブログ

健康豆知識1222

早採れのいちじく
無花果

◎がん免疫系治療の源流「コーりーの毒」
しかし、細菌学はすでに飛躍的に進歩し、現代胃が獣はその枠組みをおおむね確立しようとしていました。コーりー医師は「丹毒野病原菌である溶血菌の感染が、患者のがんを消失させた」と考えました。そして、同じような腫瘍の消失例を報告した論文を集めます。
コーりー医師以前にも、がんの患者が発熱した後に、がんの縮小や自然治癒が見られたことを報告した医学者は少なくありませんでした。過去の報告例を検証したコーりー医師は、がんの治癒・縮小には猛烈な「発熱」が関係していることを推定しました。そして、ついに生きた溶血菌を意図的にがん患者に感染させる荒療治に踏み切ったのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒https://goo.gl/J4i7FY
でブログをやっているさくらといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR