FC2ブログ

健康豆知識1820

あじさい宮1
あじさい宮あじさい

◎サンマ+漬物
最近、漁獲高が減ってしまい、東京の目黒で毎年行われる「さんま祭り」も開催が遅れる、危ぶまれるなどのニュースがありましたね。秋の風物詩であるサンマの魅力は、落語にあるお殿様でなくても大好物な人も多いのではないでしょうか。
そんなサンマですが、定食など、定番ともいえるこの食べ合わせ、これが地獄の食べ合わせといっても過言ではなさそうです。
スポンサーサイト

健康豆知識1819

わが家710
わが家の今日の花

◎レモン+紅茶
この防カビ剤は、水で洗ったくらいでは簡単に落ちません。また、皮を厚くむく方法でも、OPPが果肉に浸透している可能性があります。できれば、食べることを控えたほうがいいでしょう。

健康豆知識1818

わが家709
わが家の今日の花

◎レモン+紅茶
もともと日本でも農薬として使用されていたことがありましたが、1969年より、この農薬の使用を禁止しています。ですから、国産レモンを使用することで、この危険は回避できるでしょう。
ただし、国産使用と明記されていないレストランやカフェなどで使用されるレモンはもとより、オレンジ、グレープフルーツなどでも収穫後、選果工程でOPPが使用された可能性が高い輸入品であれば注意が必要です。

健康豆知識1817

わが家708
わが家の今日の花

◎レモン+紅茶
この防カビ剤OPPは食品添加物として扱われており、主に輸入される柑橘類などのカビの発生は腐敗を防ぐために皮に直接塗布される薬剤です。非常に獨性が強く、カフェインとの交わりがなくとも、長く摂取を続けることで肝臓障害、タオ無いで発がん物質に変化する可能性が高いと認められ、厚生労働省から「表示して居成分」に指定されています。

健康豆知識1816

わが家707
わが家の今日の花

◎レモン+紅茶
紅茶にレモンライス、レモンティーというメニューがあるくらいですから、こええが地獄の食べ合わせと言われてもちょっと・・・。という人も多いでしょうが、この組み合わせは発がんの恐れの可能性がある危ない食べ合わせです。
レモンティーには、紅茶の中に輪切りのレモンが入ることがよくあります。もし、そのレモンが輸入レモンであった場合は、防カビ剤のOPP(おるとフェブニルフェノール)が使われている可能性が高いので注意が必要。使用されていた場合、紅茶に含まれるカフェインと交わることで発がん性物質を生じる危険がある地獄の食べ合わせです。

健康豆知識1815

わが家706
わが家の今日の花

◎トマト+キュウリ
では、どうすればいいのかというと、それが意外に簡単にできる方法があります。
アスコルビナーゼは、熱や酢に弱いという性質を持っています。つまり、サラダにする場合は、酢の効いたドレッシングやマヨネーズなどを使う。また、中華料理のように、キュウリを炒め物に使ったりするなど、熱を加えればいいのです。
現代ではトマトやキュウリは一年中手に入りますが、本来は夏を旬に迎える夏野菜。体を冷やす効能があるので、体を冷やしたくない人は十分注意が必要です。

健康豆知識1814

わが家705
わが家の今日の花

◎トマト++キュウリ
キュウリにはアスコルビナーゼという酵素が含まれており、この酵素がトマトに豊富に含まれていりビタミンCを破壊してしまう作用があるのです。
このアスコルビナーゼはキュウリ以外にも、カボチャ、キャベツ、カリフラワー、春菊などにも含まれており、それぞれが、ビタミンCを豊富に含む食材との相性が悪いというのですから、これは大変なこと。

健康豆知識1813

わが家704
わが家の今日の花

◎トマト+キュウリ
えっ、この組み合わせが悪いの!と思われる人も多いのではないでしょうか?
サラダといえば、ほぼ間違いないといっていいくらいこの組み合わせを目にすることが多いと思います。でも、サラダやサンドイッチの定番の組み合わせといえるトマトとキュウリは、地獄の組み合わせになる可能性がとても高いのです。

健康豆知識1812

わが家703
わが家の今日の花

◎危ない食べ合わせ「地獄の食べ合わせ編」
この章では、現代の科学によって解明された「知られざる危ない!地獄の食べ合わせ」と「おすすめ!天国の食べ合わせ」を紹介しています。
これまで、悪いとされてきた食べ合わせが実は健康のためにいい食べ合わせであったり、食卓でよく見かけるメニューが、実は、体に害を及ぼす可能性が高い食べ合わせであったり。
呼んで誰かに伝えたくなるものばかりです。

健康豆知識1811

わが家702
わが家の今日の花

◎危ない食べ合わせ「地獄の食べ合わせ編」
日本では江戸時代の儒学者である貝原益軒が、健康な生活を送るために「養生訓」として書き記したもの、同じく江戸時代に「皇和魚譜」といった魚類図鑑などで食べ合わせを紹介したものが今でも伝えられています。
でも、その多くは科学的根拠に乏しいもので、現代でも誤った常識として信じられているものも少なくありません。たとえば「うなぎと梅干し」はどちらも疲労回復効果があり、組み合わせがいいものなのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR