FC2ブログ

健康豆知識1704

わが家605
わが家の今日の花

◎肉は週ニ回、魚は週五回が理想的
ともすると悪役にされてしまう脂質が本当に問題を起こすのは、必要以上に摂り過ぎた場合です。余分な体脂肪になってしまったり、腸で有害物質を発生させてしまうのは、間違った脂肪の摂り方が原因なのです。
肉を食べる際は、一緒に抗酸化作用の強い野菜をたっぷり摂りましょう。キャベツは消化吸収の手助けもしてくれるため、おすすめです。
スポンサーサイト



健康豆知識1703

わが家605
わが家の今日の花

◎肉は週ニ回、魚は週五回が理想的
健康のために肉は必要ですが、食べ過ぎはよくありません。体と腸内環境のバランスを考えると、肉料理は週ニ回、魚料理は週五回が理想的です。
腸の消化能力を超えていないのであれば、たとえ肉厚なステーキを週にニ回食べても、脂肪分を気にすることはありません。資質は体を動かすエネルギーになるほか、神経組織や細胞膜、ホルモンの材料になる重要な栄養なのです。

健康豆知識1702

わが家604
わが家の今日の花

◎魚ばかり食べる
大豆製品などからも植物性タンパク質は摂取できますが、必須アミノ酸をバランスよく理想的に摂取できるのは肉なのです。
ただし何事もバランスが肝心です。肉は腸内で悪影響を及ぼす腐敗菌にとっても、栄養になってしまうからです。腐敗菌はアンモニアいや硫化水素、スカトールなどの有害物質を大量に作ります。これらは体の老化やがん細胞の生成、血圧の乱れなど、さまざまな問題を招きます。

健康豆知識1701

わが家603
わが家の今日の花

◎魚ばかり食べる
「肉は体に悪そうだから、魚を食べたい」という、ヘルシー思考の方がいるかもしれません。しかし理想的な腸内フローラのためには、肉は積極的に食べて欲しい食材です。
そもそも人間の体はおよそ50パーセントがタンパク質でできています。タンパク質は20種類のアミノ酸からできていますが、その内、体内で合成することができない9種類は食事から摂取しなければなりません。その9種類を必須アミノ酸といいます。

健康豆知識1700

わが家602
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
味噌を選ぶ際のポイントは、できるだけ手作りの味噌を使うこと。最近は保存料が使用され、生きた菌がほとんど含まれていない「味噌もどき」の食品も見かけるのでご注意ください。商品裏のラベルをチェックして原材料ができるだけシンプルな食品を選ぶようにしましょう。
たっぷりの野菜を具材にした味噌汁を食べて、腸内環境を活性化させましょう。

健康豆知識1699

わが家601
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
味噌汁は塩分濃度が同じ食塩水よりも利尿作用が強く、水分と塩分が両方とも体外に排出されるため血圧が上昇しにくいのです。また、味噌汁の健康成分が血管の拡張を促進してくれるというデータもあります。

健康豆知識1698

わが家600
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
とくに味噌は腸内細菌を活性化する麹菌や乳酸菌、酵母菌などさまざまな菌の協力によって作られており、健康効果は抜群です。
味噌に対して「塩分が多そうだから、高血圧や心臓病になりそう」といったイメージを持つ人は少なくないでしょう。しかし最近の研究では、味噌汁であれば、そこまで塩分を心配する必要はないという報告もあります。

健康豆知識1697

わが家599
わが家の今日の花

◎味噌汁は健康にいい?悪い?
日本特有の発酵食品の多くは、味噌や納豆など大豆が由来となっています。大豆を使った発酵食品は抗酸化力が高く「がん予防になる」と考えられています。
また、一部の腸内細菌は、大豆に含まれているイソフラボンから、女性ホルモンに似た効果を強く発揮できるエクオールという成分を生み出します。この成分は前立腺や乳がんを予防する効果が期待されているのです。

健康豆知識1696

わが家598
わが家の今日の花

◎味噌汁を飲まない
味噌やしょうゆ、みりん、酢などの調味料、漬け物やかつお節、納豆など、和食の献立では発酵食品が必ずといっていいほど登場します。
日本古来の発酵食品は、日本人の常在菌と相性が良好です。豊かで健康的な腸内フローラを作るためには、ぜひ有効活用しましょう。

健康豆知識1695

わが家597
わが家の今日の花

◎味噌汁を飲まない
発酵食品はさまざまな国や地域で食べられていますが、なかでも日本は世界でも有数な発行大国と呼べるほど、発酵食品が盛んに食べられています。日本は高温多湿で、発酵食品を作る菌が活躍しやすい環境なのです。
プロフィール

篠原 順

Author:篠原 順
ようこそ!
健康茸MM農園健康ブログに
http://miracle-mineral.jp/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR