FC2ブログ

健康豆知識1648

わが家550
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
異性を虜にするような魅力のある人を「あの人からはフェロモンが出ている」などと表現することもありますが、実際にそのような物質は存在するのでしょうか。
そもそも「フェロモンとホルモンは何が違うの?」あんて思われる方もいるかもしれませんね。フェロモンとホルモンは言葉としては似ていますが、まったく別のものといってもいいでしょう。
スポンサーサイト

健康豆知識1647

わが家549
今日のわが家の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
オキシトシンは、子供やパートナーへの愛情を強める働きがあり、家族の絆を強く結びつけてくれる働きがあります。そのほか、ストレスを解消し、脳の疲労をいやす作用もあります。
テストステロンの減少に気をつければ、イクメンになることはいいことづくめです。オキシトシンにはコミュニケーション能力を高める作用もあるため、育児休暇を終えて職場復帰をした際に「以前よりさらにデキるビジネスマンになることもあり得るのです。
オキシトシンの力をうまく活用しましょう。

健康豆知識1646

わが家548
わが家の今日の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
オキシトシンは出産時に多く分泌される女性ホルモンの一種で、陣痛を誘発させたり、母乳の分泌を促したりする役目があります。最近の研究で、このホルモンは男性にとっても無縁なものではなく、人間関係を構築するために一役買っていることがわかっています。

健康豆知識1645

わが家547
わが家の今日の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
ここまで読むと、「イクメンは男性にとって危険な行為なのでは?」と、不安になってしまう人もいるかもしれません。しかし、イクメンになることは家庭にとってプラスになることもあります。
それは、子どもと積極的に関わることで、オキシトシンというホルモンが分泌されることが要因です。

健康豆知識1644

わが家546
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
イクメンを目指すのであれば、まずは何としてもテストステロンの分泌現象に歯止めをかけなければいけません。
テストステロンを多く分泌させるためには、タンパク質や亜鉛が豊富に含まれている食品を摂ることが大切です。砂糖や炭水化物は摂りすぎないように気をつけましょう。
また、筋トレを行うことも効果的。筋肉に刺激を与えると、テストステロンが分泌されやすくなります。子育ての合間をぬって筋肉を鍛え、男らしさを維持しましょう。

健康豆知識1643

わが家545
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
また、イクメンになった結果、メタボや動脈硬化のリスクが高まる危険性も報告されています。それはテストステロンにメタボや動脈硬化の予防、筋肉量の維持などの働きがあるから。行くじをするようになると子供の食べ残しを食べたり、スポーツをする機会が減ってしまったりしがちという点も、これらの症状に拍車をかけているのかもしれません。

健康豆知識1642

わが家544
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
たとえばテストステロンの血中濃度が下がると、生殖機能が弱まってしまいます。また、やる気や男らしさが減退し、バイタリティが下がってしまうことがあげられます。
もし育児休暇をとった男性がまだ若ければ、一時的にテストステロン値が下がったとしても、そこまで心配する必要はないでしょう。しかし、35歳以上の男性が育児休暇をとった場合は、その後、なかなかテストステロンの分泌が戻らず、EDやうつになってしまう恐れがあります。

健康豆知識1641

わが家543
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
テストステロンが低下し、エストロゲンが体内に多く分泌されるようになれば、男性でも、精神的に行くじをすることに適した状態になります。男性が子育てをするためには、それは非常によい結果なのですが、男性機能の面から考えた場合、注意しなければならない状態といえます。

健康豆知識1640

わが家542
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
勿論男性が育児をすることを否定しているわけではありません。ただ、行き面になる場合はあらかじめいくつかの注意が必要です。
その一つに長時間または長期にわたり男性が家事や育児を行うことによって、テストステロンの分泌が低下するけいこうがあげられます。

健康豆知識1639

わが家541
わが家の今日の花

◎健康意識のなkままイクメンになる
また、女性ホルモンの代表でもあるエストロゲンは、家でも子育てを行うことに適しており、イクメンはホルモンのバランス的には、適しているとはいえないのです。脳科学でも、賛成と女性を比較した場合、育児に対しての対応力がまったく違うということがわかっています。とくに乳幼児の世話をする場合、さまざまなことに対し、女性のほうが素早く対応できることがわかっています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR