FC2ブログ

健康豆知識1609

わが家510
わが家の今日の花

◎背の高いカップル
乳がんは女性だけの病気とはかぎりません。乳がん患者のおよそ1パーセントは男性が羅患します。もしも胸にしこりがある場合は、たとえ男性でも乳腺外来を受診するようにしてください。
なお、厚生労働省研究班・多目的コホート研究(現国立がん研究センター・多目的コホート研究)によると、乳がんの予防には大豆が効果的といわれています。
スポンサーサイト

健康豆知識1608

わが家509
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
しかし、エストロゲンの分泌が過剰になると、乳がんの原因となるがん細胞の発症リスクが高まってしまうのです。
乳がんのリスクが高まる要因は身長以外にもあります。肥満、初潮が早い。出産経験がない、閉経が遅い等のケースでも、そうでない人に比べてエストロゲンの影響を強く受けてしまうのです。

健康豆知識1607

わが家508
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
身長が高い人に、どうして乳がんのリスクが高いのか。その理由は女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が深く関わっています。エストロゲンには女性の体を妊娠に適した状態へと導く作用があります。
また、むくみを取り除く、肌や髪にツヤを与えるなど、美しさをサポートしてくれる非常に重要なホルモンなのです。このエストロゲンが成長期に多く分泌された場合、身長が高くなりやすいといわれています。

健康豆知識1606

わが家507
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
国立がん研究センター・多目的コホート研究結果によると、どうやら体格と乳がんの羅患率に深い関連があるかもしれないというのです。身長が160センチメートル以上のグループと148センチメートル以下のグループについて乳がんのリスクを比較すると、前者の羅患利つは後者より、閉経前で1.5倍、閉経後では2.4倍も高くなっていたというのです。

健康豆知識1605

わが家506
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
生涯のパートナーには背の高い相手がいいと考える人、最近は男女を問わず多いのではないでしょうか。あなたがもし高身長の持ち主だった場合、他人からモテルことと引き換えに人一倍気を使わなければなりません。
たとえば、身長が高くスラっとしたモデル体型の女性は憧れの的ですが、乳がんに気をつける必要があります。

健康豆知識1604

わが家505
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
男性に負けずバリバリ働く、デキるキャリアウーマンタイプの女性は、この薬指が長いタイプが多いとか。
このようなホルモンの注目すべき働きや効果をうまく発揮できるように、ここからはとくに男女の関係性に注目して、危ない生活習慣をお教えします。
異星との接し方やパートナーとの何気ない関係によって、あなたの活力や行動力を大きく損ねてしまう危険性があるのです。
昔に比べると元気がなくなってきた・・という方も、若々しいパワーを取り戻すヒントが見つかるかもしれません。

健康豆知識1603

わが家504
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
テストステロンは人間の行動力を司り、やる気をみなぎらせる作用があるほか、筋肉量を増加させ、中性脂肪を減らすなどの働きもあります。男性はもちろん、女性にとっても嬉しい効果があるのです。
ところで、テストステロンが活発な人かどうかを簡単に見極める方法があります。手の薬指を見てください。人差し指に比べて薬指が長ければ、それはテストステロン値が生まれながら高めのい傾向があるということが言えます。

健康豆知識1602

わが家503
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
たとえば「性ホルモン」という存在は御存じかと思いますが、男性ホルモンは男性だけ、女性ホルモンは女性だけのものだと思っている方も少なくないのではないでしょうか。
しかしそれは、便宜上の呼び方に過ぎません。どちらのホルモンも、男女を問わず必要なものなのです。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、男性の場合は主に精巣で、女性の場合は男性ほどの量ではありませんが副腎や卵巣から分泌されます。

健康豆知識1601

わが家502
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
ここからはホルモンの力を活性化させてパワフルな毎日を送り、健康長寿、ピンピンころりの人生を実現するための”やってはいけないタブー習慣”を解説していきます。
ホルモンとは人の体で作られ、生きていくために必要なさまざまな身体的機能を調整する役割を果たすとても大切な物質です。現在は百種類以上のホルモンが確認されていますが、これらのホルモンについて漠然としたイメージしかお持ちでない方も多いでしょう。

健康豆知識1600

わが家501
わが家の今日の花

◎適度な睡眠は年齢によって変わる
人間の睡眠時間が加齢によって短くなるのは自然の摂理と考えるのが常識。無理をして長く寝ようとすると、ストレスの元になったり、かえって睡眠の質を落としてしまう恐れがあります。
この指針では就寝する時間を決めず、眠くなってかた床につくことを推奨しています。そして、起床時間を毎日一定に保つことが大切だと指摘しています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR