FC2ブログ

健康豆知識1578

わが家474
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
近年はドライマウスの患者数が増えているといいます。文字通り唾液の量が減り、口が乾燥する症状のことなのですが、「口の中が乾いているだけ」などと甘く見てはいけません。
先述した通り、口の中には殺菌作用があります。睡眠中だけでなく、昼間から唾液の量が減ってしまうとなると、免疫力が低下してしまいます。
スポンサーサイト

健康豆知識1577

わが家472
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
口内環境のこまめなケアが大切です。寝る前に口の中をきれいにするのは当然のこととして、水を飲む前は口をゆすぎ、うがいをしてからにしましょう。

健康豆知識1576

わが家471
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
起きている間、私たちの口の中は唾液が抗菌力を発揮して雑菌の活動を最小限に抑えています。唾液に含まれているリゾチームという酵素には、細菌の細胞壁を溶かす作用があるからです。
しかし就寝中は、唾液の量が減ってしまいます。そのため、リゾチームの効果は十分に発揮されず、口内は雑菌が繁殖しやすい状態になっているのです。

健康豆知識1575

わが家470
わが家の今日の花

◎夜中に起きて水を飲む
夜中、目を覚ましたとき、喉が渇いていたら、あなたはどうしていますか?キッチンに行ってそのまま無警戒に水を飲んでいるとしたら、その習慣は危ない行為です。いますぐに改めるようにしてください。
就寝中の口の中は、大量の雑菌が繁殖した状態です!夜中に起きて、すぐに水を飲むと、繁殖した雑菌をそのまま体の中に摂り入れることになってしまいます。免疫力の低下を招き、感染症のリスクを高めることになるでしょう。

健康豆知識1574

わが家469
今日の我が家の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ
おまけに、ブルーライトは紫外線A波(UTA)、紫外線B波(UVB)に続く第三の紫外線とも呼ばれるほど紫外線に近い性質があります。顔面に照射されたブルーライトはスマホ焼けとも呼ばれるシミの原因になる可能性大です。
スマホの影響を避けるため、就寝前の二時間はスマホを使わないようにするといいでしょう。また、暗い場所でスマホを使用するのは普段からなるべく避けるようにしましょう。

健康豆知識1573

わが家468
わが家の今日の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ?
なお、この現象はスマホだけではなく、強い証明の元でならどこでも起こり得ます。夜中、横になっていてもなかなか寝付けないという人は、夕方以降にコンビニなどで買い物をする習慣はありませんか?急速に普及しているLED照明からもブルーライトが多く照射されるのです。

健康豆知識1572

わが家467
わが家の今日の花

◎寝不足の原因は夜のスマホ?
夜間のスマホは、目への直接的な被害以外にもさまざまな悪影響を及ぼします。ブルーライトの光はあまりにも強く、体内時計に昼間だと錯覚させてしまうこともその一つです。体内時計が勘違いすると、良質な睡眠へと導いてくれるホルモン「メラトニン」がうまく分泌されなくなり、反対に脳と体を目覚めさせるホルモン「セロトニン」が分泌されてしまいます。その結果、なかなか寝付けなくなってしまうというわけです。

健康豆知識1571

わが家466
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
スマホ老眼は医学的には「調節緊張」と呼ばれるもので、多くの場合一時的な症状で済みます。しかしスマホ老眼が繰り返し起こったり、長期にわたって続いた場合は、老眼を早めたり、重大な眼病を引き起こす危険性もあるのです。

健康豆知識1570

わが家465
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
長時間のスマホ利用は眼精疲労やさまざまな眼病、視力低下などを招く恐れがあります。最近は20~30歳ぐらいの若い世代にも、手元の文字が見づらかったり、近くのものにピントが合わせにくかったりするような、老眼と同様の目の不調が増えています。
これらは「スマホ老眼」と呼ばれ、今後も幅広い世代に増え続けていくのではないかと懸念されています。

健康豆知識1569

わが家464
わが家の今日の花

◎夜のスマホ
とくに就寝前など暗い部屋でスマホを使うのは、目への影響が増大する行いです。暗い部屋と明るいスマホ画面では、大きな明暗差が生じます。すると瞳孔は、明るい場所、暗い場所、療法に適応しようと引っ切り無しに働くことになります。その結果、日中とは比べものにならないほど目が疲労してしまうというわけです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR