FC2ブログ

健康豆知識1588

わが家485
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
さらにリンゴポリフェノールには口臭予防効果もあります。リンゴポリフェノールには口臭の原因となるメチルメルカプタンという物質の増加を抑える働きがあるのです。
リンゴを食べるのであれば、よく洗って皮ごと食べるようにしましょう。また、リンゴを選ぶ際は真っ赤に熟しているものがおすすめです。リンゴポリフェノールが豊富に含まれています。
スポンサーサイト

健康豆知識1587

わが家484
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
リンゴポリフェノールはこれらの活性酸素を除去し、老化や病気を防ぐアンチエイジングの強い味方です。
また、マウスを用いたある実験では、標準食、高脂肪食、高脂肪食+リンゴポリフェノールの3種類の食事のうち、「高脂肪食+リンゴポリフェノール」を与えたマウスの内臓脂肪量は、標準食と変わらないという結果になりました。皮付きのリンゴは、ダイエット効果も見込めるようなのです。

健康豆知識1586

わが家483
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
リンゴポリフェノールも同種のポリフェノールのご多分に漏れず、強い抗酸化力を持っています。
活性酸素は本来、体の中に侵入してきた異物を攻撃して体を守るなど、健康を維持するためには必要不可欠な物質です。しかし、体内で過剰に増えすぎてしまうと、正常な細胞にまで攻撃を仕掛けて、老化の促進や病気の原因となってしまいます。

健康豆知識1585

わが家482
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
しかし、リンゴの皮を一緒に食べることで、肥満の危険性を軽減して、体調を整える健康サポート食品となるのです。その理由は、リンゴのとくに皮に含まれている健康成分、「リンゴポリフェノール」にあります。
ポリフェノールは光合成によって生成される、植物の色素や渋みの成分となる総称。その種類は5000種以上あるといわれており、お茶に含まれるカテキンやブルーベリーに含まれるアントシアニンもその一種です。

健康豆知識1584

わが家481
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
昔から、「リンゴが赤くなると医者が青くなる」と言われているほどリンゴは健康効果の高い果物といわれています。しかし食べ方によっては、その恩恵を十分に受け取ることができなくなりますので注意をしてください。
たとえば、リンゴの皮をむいて食べると、体にいいどころか肥満の元になってしまう恐れさえあります。リンゴなどの果物に含まれている果糖は、糖類の中でも中性脂肪を増やしやすいため、ダイエットには不向きです。

健康豆知識1583

わが家480
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
また、こまめな水分補給も大切です。とくに睡眠中はたくさんの汗をかくため、起床後や、深夜目が覚めてしまった場合は、水分補給が必要です。もちろん、水を飲む前に口の中をきれいにゆすぎ、うがいをすることをお忘れなく。

健康豆知識1582

わが家479
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
また、早食いが癖になっている人は、食事の際にしっかり咀嚼するようにしましょう。唾液の分泌が促され、これもドライマウスの予防につながります。
口呼吸になりがちな人は、鼻呼吸を習慣づけてください。吸うときも吐くときも、鼻で行うことが基本です。鼻呼吸の重要性については前述しています。

健康豆知識1581

わが家477
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
ドライマウスにならないためには、日頃の生活改善が必要です。お酒を控える、禁煙する、ストレスを溜めこまないなどは基本事項。それ以外にも、喫煙やストレスは交換神経を優位にし、唾液の分泌を滞らせてしまうため要注意です。リラックスをして副交感神経を優位にすれば、唾液の量は増えるでしょう。

健康豆知識1580

わが家476
わが家の今日の花

◎ドライマウスのご注意を
唾液の分泌量が減ってしまう理由はさまざまです。加齢によっても唾液の量は減りますが、飲酒や喫煙、ストレスによる影響も大きいようです。
口呼吸が癖になっている人は、口から空気が出入りすることにより、乾燥しやすくなっているためよけいに注意が必要です。

健康豆知識1579

わが家475
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
さらに口内でトラブルを引き起こす菌が勢力を伸ばし、虫歯や歯周病に羅患しやすくなってしまいます。雑菌が増えるということは、口臭の原因となる菌が増えてしまうことでもあります。また、口の中が乾燥すると口内の粘膜が傷つきやすくなり、口内炎が起こりやすくなります。さらに放っておくと味覚障害になる可能性もあります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR