FC2ブログ

健康豆知識1557

わが家452
わが家の今日の花

◎栄養補助食品をランチの代わりにしてはいけない!
ダイエットを手助けしてくれる食品として、巷に出回っているものは低カロリー食品だけではありません。
ソイ(大豆)プロテインやシリアルなどを固めたエネルギーバーは、手軽の食べられて最低限のカロリーや食物繊維を摂取できるとして、非常に人気のある栄養補助食品のひとつです。
しかし、ランチの代わりとしてこれらの食品を食べる行為は、あまりおすすめできません。なぜなら、エネルギーバーは消化がよすぎるのです。
スポンサーサイト

健康豆知識1556

わが家451
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
商品の表示上では、カロリーが少なそうに表現されていたとしても、油断して摂り過ぎてしまえば肥満になるほどのカロリー摂取量になってしまうかもしれないのです。
こうした低カロリーを謳う商品には多くの場合、人工甘味料が使われています。実は人工甘味料はダイエットの強い味方、とは言い切れない物質。人工甘味料についての問題点は、後詳しく解説します。

健康豆知識1555

わが家450
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
また、「砂糖不使用」という表記にも注意が必要です。その商品には砂糖を使っていないというだけで、果糖など砂糖以外の糖類が使われている場合があります。コレステロールや脂質、ナトリウムなどに関しても、一定の基準値より低ければ「ライト」や「オフ」、「ダイエット」などの表記を使用することが可能なのです。

健康豆知識1554

わが家449
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
この基準では百グラムあたり五キロカロリー未満の食品の場合、「ゼロカロリー」や「ノンカロリー」と表示しても構わないのです。
また同様に百グラムあたり四十キロカロリー(飲料は二十キロカロリー)以下の食品は、「カロリー控えめ」「カロリーオフ」などと表示できます。
なお、コーヒーなどで「無糖」と表示されている場合でも、糖類が含まれている可能性があります。糖類が百グラムあたり0.5グラム未満であれば「無糖」と表記してもいいのです。

健康豆知識1553

わが家448
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
そのような商品について、「これならいくら飲んでも太らないだろう」などと考えてしまいがちですが、それは大きな間違いです。これらの商品は決してゼロカロリーではありません。
食品メーカーが「糖分控えめ」や「食物繊維たっぷり」などの表示をする場合、何をもって「控えめ」や「たっぷり」なのかを決めるため、基準となっているルールがあります。日本では法律で「栄養表示基準」というものが定められているのです。

健康豆知識1552

わが家447
わが家の今日の花

◎ダイエット食を利用する
世間にはダイエット用に調整された食品として、数多くの商品が出回っています。しかし、そういった食品ばかりを口にしていても、本当に痩せられるとは限りません。
栄養のバランスを崩してしまい、かえって肥満体質になってしまうような食品がいくつもあるのです。
たとえば、商品名に「ノンカロリー」「ダイエットオフ」「ダイエット」などの文言が入った炭酸飲料があります。

健康豆知識1551

我が家446
わが家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
ため息をつきそうになったときは、意識して鼻から深く息を吐くようにしてください。また、普段から口をしっかりと閉じて、鼻呼吸を行うように気をつけましょう。息を吸うときも吐くときも、鼻で行うのが理想的です。
□無意識の内に口を開けている
□朝起きたとき、喉がかわいている
□アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まりやすい
□唇が乾きやすい
□いびきをかきやすい
□口を閉じると苦しく感じる
□風邪をひきやすい
□口臭が気になる
これらの項目にチェックが入る場合、口呼吸が癖になっている可能性があります

健康豆知識1550

我が家445
我が家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
たとえば、大気温度が零度で湿度も約50パーセントになるといわれています。
口呼吸が癖になると、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなってしまうのです。また、口呼吸は口臭や歯周病、虫歯や睡眠時無呼吸症候群など、さまざまな弊害を呼び寄せてしまいます。

健康豆知識1549

我が家444
我が家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
鼻から吸い込んだ空気は、鼻腔繊毛や鼻腔内粘膜によって細菌、ウイルス、ほこりなどの異物が取り除かれ、適度な湿度と温度になった状態で肺に取り込まれます。
しかし、口から吸い込んだ場合、空気はこれらのフィルターを通りぬけず、ほぼそのままの状態で肺に入り込むことになります。異物が多く混じり、湿度も温度も適切でない空気は、病気の原因になりかねません。

健康豆知識1548

我が家443
我が家の今日の花

◎ため息は万病の元になる?
人間は鼻呼吸と口呼吸、両方を行う生き物ですが、動物は基本的に鼻呼吸しか行いません。人間は進化の過程で言葉を扱うようになった結果、口呼吸もできるようになりました。でも、この口呼吸、体にとってはとても不自然な行為で、健康を損ねてしまう行動といてます。
本来、鼻は空気清浄機と加湿器の機能を併せ持ったような、素晴らしい役割を果たしています。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR