FC2ブログ

健康豆知識1527

わが家421
わが家の今日の花

◎毎日の入浴、帰宅後すぐの入浴
日本のガス会社が行なった調査で、日本人の全世代で一週間の入浴回数を調べたところ、その回数は、夏季七回以上、冬
季でも六回以上入っているという結果になったそうです。そして毎日湯船に浸かって入浴していおる人は、七割以上いるとの報告もあります。
スポンサーサイト

健康豆知識1526

わが家420
わが家の今日の花

◎寒い日には「湯たんぽ」がおすすめ
全身の血行をよくするために、大きな血管がある部分を温める方法、たとえば腹巻やレッグウォーマーを使用するのもいいでしょう。
お腹やふくらはぎを温めることで血流が活発になり、足先だけが冷える状態を解消できます。また、冷え性を改善する効果も期待できます。

健康豆知識1525

わが家419
わが家の今日の花

◎寒い日には「湯たんぽ」がおすすめ
湯たんぽ以外の方法では、眠る前に足場で足を温めてから布団に入るというのも効果的です。まず、ぬるめのお湯を洗面器やタライ、浴槽などに、足首が浸かるくらい溜めます。そこに足を入れて十分ほど温めます。全身がぽかぽかと温まり、血行がよくなるのを実感できるでしょう。

健康豆知識1524

わが家418
わが家の今日の花

◎寒い日におは「湯たんぽ」がおすすめ
湯たんぽは時間が経つと中のお湯がぬるくなり、自然に温度が下がっていきます。そのため、快適な睡眠を阻害しないのです。
なお、足の同じ位置に湯たんぽが当たり続けた場合、低温やけどになってしまう恐れがあります。あまり高温にならないように、沸騰したお湯は避ける、湯たんぽに足を密着させず、足からやや離れた位置で温めるなどして、安全に使いましょう。

健康豆知識1523

わが家417
わが家の今日の花

◎寒い日は「湯たんぽ」がおすすめ
さらに、睡眠中長時間にわたって靴下で足首を締め付けることは、血液だけでなく、リンパの流れも阻害します。
足が冷たくてどうしても我慢ができないときは、布団の中で「湯たんぽ」を利用することをおすすめします。
先述の通り、質のよい睡眠を取るためには、体の深部体温を下げる必要があります。朝までずっと体が熱いままの状態では、眠りの質が落ちてしまいます。

健康豆知識1522

わが家416
わが家の今日の花

◎靴下を履いたまま寝る
睡眠に入るとき、人は手足から熱を放出して、体温をコントロールします。よく赤ちゃんや幼児などが眠いときに手が温かくなるのはそのため。寝る前はとくに深部体温を冷やす意味で、手足は大切な体温調整を担ってくれているのです。
それなのに靴下を履いてしまうと、うまく熱を放射できなくなり安眠しにくくなってしまうというわけです。

健康豆知識1521

わが家415
わが家の今日の花

◎靴下を履いたまま寝る
また、人が深い眠りにつくためには、睡眠に入る時には体の深部体温を低くする必要があります。その手助けとして、熱を放射する役目を担ってくれるのが、手の平や足の裏です。

健康豆知識1520

わが家414
わが家の今日の花

◎靴下を履いたまま寝る
靴下が冷え性の悪化につながる理由は、寝ている間に足裏などにかいた汗が靴下を湿らせ、明け方などに足を冷やす原因になってしまうから。人は寝ている間にも足裏などに汗をかきます。体温調整をするために汗をかいているのに、これでは、そのコントロール機能が誤動作を起こしかねません。そのため、ますます冷え性が悪化してしまう可能性が大きいのです。

健康豆知識1519

わが家413
わが家の今日の花

◎靴下を履いたまま寝る
「今日はとくに寒いので靴下を履いて寝たい!」
など、真冬の布団の中は寒く、やってしまいたい気持ちはわかります。冷え性で悩んでいる人も、そうでない人も。「冬はたいていそうして寝る」など、すでに習慣化してしまっている人も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
でも、とくに冷え性に悩む人、また不眠で悩む人は、靴下を脱いで寝るようにしてください。履いて寝ると、冷え性、不眠、それぞれ悪化につながります。

健康豆知識1518

わが家412
わが家の今日の花

◎靴下を履いたまま寝る
最初に結論を言いますと、靴下を履いたまま寝る習慣を続けると、体中の血行不良、血行障害につながる恐れがあります。冷え性の悪化、また不眠にもつながります。若さを保ち、健康長寿でいたいのであれば、今すぐにでもやめたほうがいいでしょう。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR