健康豆知識1487

わが家381
わが家の今日の花

◎高い目標はストレスになりかねない
では、どのようにすればこれらのリスクを解消できるのでしょうか。
まずは、走る前に軽くエネルギーの補給をして糖質不足を補ってください。バナナやリンゴなど、手軽なのでおすすめします。
また、運動量を見直してください。もちろん個人差はありますが、最初はじんわり汗ばむ程度の運動量を目指してみてはいかがでしょう。膝や腰にかかる負担も軽減できます。
スポンサーサイト

健康豆知識1486

わが家380
わが家の今日の花

◎朝のジョギング
一見、ダイエットなどの効果が出やすいと思われますが、危険な行為です。
次に、まだ体が目覚めていない状態(体温が低く、筋肉が固まっている状態)での運動だということです。
その行為は、心拍数が急に上がるために心臓に過剰な負担をかけることになります。血圧も起床とともに急上昇するため、脳梗塞や心筋梗塞にも注意が必要です。突然死の恐れも十分に考えられます。決してオーバーなことではないのです。

健康豆知識1485

わが家379
わが家の今日の花

◎朝のジョギング
その理由として、まず最初に挙げられるのが、空腹時の運動だということ。めまいや頭痛、だるさが起こる可能性があります。
朝食前のジョギングは、夕食から長時間栄養補給をしていない状況での運動です。ということは、体が糖質不足になっているということです。脂肪がエネルギーとして使われやすくなっている状態ではあるのですが、糖質不足での運動はめまいや頭痛などを引き起こし要因になります。

健康豆知識1484

健康378
わが家の今日の花

◎朝のジョギング
最近は、健康のため、早起きをして通勤通学の前にジョギングを行っている人が増えているようです。軽い負荷の運動を続けることは、心肺能力や筋力の維持など、アンチエイジングのためによい習慣ですが、早朝、食事前のジョギングには危険なことがいっぱいです。無理をすると生命に関わる重大な結果を招くことになります。すぐにやめたほうがいいでしょう。

健康豆知識1483

わが家377
わが家の今日の花

◎アンチエイジングの観点からも歯は大切
いずれにせよ、食後すぐの歯磨きは避けたほうが無難です。
アンチエイジングの観点からでも歯の健康は重要な条件です。
厚生労働省と日本歯科医師会が推進する「8020(ハチマルニイマル)運動」は、満80歳で20本以上の歯を残しましょうという運動です。最近では、次なるステップとして8020達成者が50%を超える社会「8020健康長寿社会」の実現を目指しています。
この8020運動達成者は、非達成者に比べ生活の質(QOL)を高く保ち、残っている歯の本数が多いほど寿命が長いという調査報告もあります。

健康豆知識1482

わが家 376
わが家の今日の花

◎アンチエイジングの観点からも歯は大切
最近、虫歯、歯周病に続く第三の歯トラブルとして注目されているものに「酸蝕歯」があります。歯のエナメル質がなんらかの原因で浸蝕されるトラブルです。
酸性の飲食物が増えたことが直接の原因だとされていますが、食後菌のエナメル質が柔らかくなった状態での歯磨きのしすぎが、歯の磨り減りを加速させているのかもしれません。

健康豆知識1481

わが家375
わが家の今日の花

◎食後の歯磨き
食後の歯磨きの弊害は、もうひとつあります。
それは、食後に活躍してくれる「唾液」も一緒にすすぎ流してしまうことです。ついその存在を軽視しがちの唾液ですが、口腔内の産生を中和してアルカリ性に戻してくれる作用や、溶けたエナメル質を再石灰化する手助けも。他にも虫歯の発生を予防してくれるありがたい働きがあります。

健康豆知識1480

わが家374
わが家の今日の花

◎食後の歯磨き
このような環境下では、歯の硬いエナメル質が一時的に溶けやすくなり、柔らかく傷つきやすくなっています。
このときに歯磨きをすると、当然歯の表面を傷つけてしまう可能性が高いというわけです。傷ついた歯はそこから虫歯になりやすいことはいうまでもありません。もちろん食後30~40以上経てば口内環境は酸性からアルカリ性に変わります。どうしても歯磨きをしたい人は、そのタイミングで行うほうがいいでしょう。

健康豆知識1479

我が家373
わが家の今日の花

◎食後の歯磨き
日本人の、食後に歯磨きをする習慣は、世界を見渡しても少数派です。この行為、朝食に限らず、食後すぐに歯磨きをすることで虫歯を作り、体の免疫力までも下げてしまう「危ない!」行為です。即刻中止してください!
食後すぐの口内環境は、食べ物に含まれる酸や糖分をエサにしている口内最近の働きで酸性になった状態です。

健康豆知識1478

わが家372
わが家の今日の花

◎朝の挨拶をしない
笑う門には福来たる、ということわざの通り、笑いには実際に健康効果が認められています。笑顔になると脳が活性化するという研究結果が出ていますし、副交感神経を働かせて、ストレスを発散させる効果も認められています。
また、笑顔を受けた人の脳も活性化すると言われています。朝の挨拶は、ご自身の認知予防だけでなく、他人にも健康をお分けする行為なのです。
道すがら出会った人に対して笑顔で「おはよう」と挨拶をする。そのような光景が当たり前になれば、来る高齢化社会への不安は減らせるのではないでしょうか。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR