健康豆知識1458

わが家352
わが家の今日の花

◎治療以上に大事なのは予防
私は、生活習慣病の9割ぐらいは、血管の老化によって説明ができるのではないかと考えています。そういう観点から、がん予防と同時に血管の老化予防も啓発しておます。そして、とくにコラーゲンに着目しています(骨もカルシウムの塊ではなく、コラーゲンが弾力のある梁の役目をして、カルシウムを主とするミネラルをつなぎ合わせているのです)。
スポンサーサイト

健康豆知識1457

わが家351
わが家の今日の花

◎治療以上に大事なのは予防
また、日本人の半数は生涯のうちに糖代謝異常になるといわれています。糖代謝異常とは糖尿病と、いわゆるその予備軍を指します。糖尿病は、進行すると失明に至る網膜症や、透析を余儀なくされる腎症など、さまざまな合併症も、多くは高血糖によって痛めつけられた血管の病気です。

健康豆知識1456

わが家350
わが家の今日の花

◎治療以上に大事なのは予防
例えば、活性酸素を増やす強いストレスなどは、がんの危険因子とされていますが、同時に血管を傷つけ、動脈硬化に伴う心疾患(心筋梗塞・狭心症)、脳梗塞・脳出血)などのリスクを高める要因でもあります。
現代日本人の死因は、がん、心疾患、脳血管疾患がトップ3です。がんが3割、心疾患と脳血管疾患を合わせるとこれもまた、およそ3割になっています。これを予防できれば、死因の6割を遠ざけることができることになります。

健康豆知識1455

我が家349
わが家の今日の花

◎治療以上に大事なのは予防
最後に、医師が早期発見・早期治療に努めるのと同じぐらい、患者さんの意識も大切だということを申し上げておきます。
まずは、定期健診を受ける習慣をつけてください。そして、生活習慣に見直すべきところがあれば、改善していきましょう。この本はがん治療をテーマにしていますが、がんの予防と生活習慣病の予防はいっしょです。

健康豆知識1454

わが家348
わが家の今日の花

◎最も望ましいのは早期発見・早期治療
大腸がんはポリープを切除すればよいわけですし、胃がんの予防治療は、慢性胃炎を治すことです。膵がんへの最善の対処は、膵炎を完治させることだと思います。最も理想とするところは、患者さんをANK療法が必要な状態にしないことです。
これからも、進行がんの患者さんを救うANK療法に邁進していきますが、同時に早期発見・早期治療と、予防的治療にも力を尽くしていきたいと考えています。

健康豆知識1453

わが家347
わが家の今日の花

◎最も望ましいのは早期発見・早期治療
また、内視鏡検査を受けると、診断と治療(手術)を一度ですませることもできます。検査中にポリープ(がんの予備軍)が見つかった場合、内視鏡で切除すれば確実に大腸がんの予防につながります。
早期発見・早期治療は、つきつめれば「予防的治療」に行きつきます。

健康豆知識1452

わが家346
わが家の今日の花

◎最も望ましいのは早期発見・早期治療
無痛内視鏡というのhが、鎮静剤を投与して意識レベルを低下させ、ご本人も気がつかないうちに検査や治療を行なう手法です。麻酔と違って意識が完全になくなるわけではなく、呼びかけに応えたり、体位を変えたりするときに声をかけると自分で動ける程度の意識レベルで実施します。熟練した医師が施術すれば、「いつの間にか終わっていた」と大多数の患者さんがいうほど苦痛のない検査です。

健康豆知識1451

わが家345
わが家の今日の花

◎最も望ましいのは早期発見・早期治療
とはいえ、がんは早期発見・早期治療がいちばんです。私は、治療に困ったがん患者さんを救うために、医師としての残り人生をANK療法の普及に賭けようと決めています。しかし、本当に勧めたいのは、実は定期健診です。章けきの早期がんなら無痛内心境で治ります。それでがんが取れれば、わざわざ高いお金を払ってANk療法を受ける必要もありません。

健康豆知識1450

わが家344
わが家の今日の花

◎がん治療には治療計画が大切
ANK療法で投与する高い生理活性を持つNK細胞は、体内でサイトカイン(免疫刺激物質であり発熱物質)を放出し、体内に眠っているNK細胞を目覚めさせる作用があります。その際に、発熱を伴います。
ANK療法は高熱を発するので怖がられる方もいますが、それを続けると、いつか免疫抑制の壁を突破してがんが消滅するのです。

健康豆知識1449

わが家343
わが家の今日の花

◎がん治療には治療計画が大切
されにがんが発生するトリプルキャンサーもあります。がんになりたくなければNK活性を高く保てばよく、進行がんを完全に克服するにはNK活性を健康な人並み(あるいはそれ以上)に引き上げなければなりません。
がんは1万人に1人の割合で自然治癒するといわれます。妊娠出産を経て、がんが消えた例もあります。何らかの要因で、がん特有の「免疫抑制の壁」を突破すると、体内に眠っている数百億個のNK細胞が目覚めて一斉にがんを攻撃するのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR