健康豆知識1431

わが家325
わが家の今日の花

◎標準治療を保管するANK療法
ここまで私は、自分が進行がんの患者さんを救う手段として「理にかなっている」と考え、8年前から取り入れたANK療法の臨場現での実情を書いてきました。そのANK療法の真価を理解していただくには、まず、がんという病気を正しく理解していただく必要があると考えました。
スポンサーサイト

健康豆知識1430

わが家324
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
現在、世界のメガファーマ(巨大医薬品メーカー)がライセンスを受けてポテリジェント抗体医薬品を開発中で、それが登場すると実験系で100倍になったというADCC活性を、ANK療法に活かすことができます。それによって、がんの手術が激減する可能性もあると、私は考えています。

健康豆知識1429

わが家323
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
それはガスター10®などで知られるH2ブロッカーが1980年代に登場したためです。そのようなことが、がんでも起こるかもしれません。
がんにとっての特効薬は「ポテリジェント抗体」という分子標的薬です。抗体のポテリジェント化は、日本の協和発酵キリンが持つ次世代のカギとなる技術です。

健康豆知識1428

わが家322
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
数年後には、現在治験中の画期的な分子標的薬が使えるようになるでしょう。そうすれば、ANK療法と画期的分子標的薬の併用で、恐らく10年以内にがん治療のシーンが変貌する可能性があります。
かつて、私が医師になったころ胃潰瘍や12指腸潰瘍で胃を切除していた時代がありました。現在では、胃切除手術といえばがんに決まっています。

健康豆知識1427

わが家321
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
現在、私が転移性進行がんのANK療法に分子標的薬を併用している割合は、相当数に達しています。それ以降、治療成績が上がっている手ごたえを感じています(終章に紹介する症例のとおりです)。*症例は、MM農園が健康豆知識として紹介する主旨とは違いますので割愛させて頂きます。あくまで、こう言う書籍があると言う事で掲載させてもらっておりますので。

健康豆知識1426

わが家320
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
保険診療では胃がん、乳がんだけにハーセプチンの使用が認められています。しかし、それは胃がん、乳がんだけ治験が行なわれたということであって、ハーセプチンは固形がんでHER2がある程度生えていれば有効な薬です。これは重要なことで、血液のがんを除くすべての固形がんに対して、ハーセプチンは「使える武器」なのです。

健康豆知識1425

わが家319
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
③私が検査した範囲では、血中HERが15.2以上のがんは、進行がん全体の2割う程度しかない。しかし、転移している進行がんは暴れるタイプのがんなので、15.2以下でもHER2が過剰発現していると考えてよいはずだ。
④だったら血中HER2が15.2以上というハードルは高すぎるので、独自の基準を設定すればいい。
このような結論を得て血中HER2が9以上あれば積極的にハーセプチンを併用して、そのADCC活性に賭けてみることにしたのです。

健康豆知識1424

わが家318
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
このままではいけない、なんとかしなくては・・と、2011年の暮れから正月にかけての休み中、一生懸命考えました。考えた結果は次のようなものでした。
①ハーセプチン(ADCC活性を持つ分子標的薬)は、保険診療だと血中HER2が12・2以上でないと使用できない。しかし、私は自由診療だから、その使用基準にとらわれる必要はない。
②血中HER2が15・2未満でも、がん細胞の表面にHER2がある程度生えていれば、ハーセプチンは有効なはずではないか。
(続く)

健康豆知識1423

わが家317
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
しかし、NK細胞とがんの闘いは「1対1」といわれ、そうした闘いにおいては数が多いほうが有利です。ステージⅢからⅣだと、がん細胞の数は数百億から1000億個超になります。それに対して1回に投与できるNK細胞が5億から10億個では、NK細胞にとって不利な闘いになります。そのため、ANK単独治療では、ずっと不利な闘いを強いられてきました。

健康豆知識1422

わが家316
わが家の今日の花

◎ANK免疫細胞療法と分子標的薬のADCC活性
私は、長く実施してきたANK療法に、積極的に分子標的薬を併用してさらに目覚ましい効果を認め、これなら「進行がんでも一定の条件下で完治させられる」と確信しました。
ANK療法で、一度に体内に入れられるANK細胞(活性化したAK細胞)は5億~10億個の間です。それ以上入れると、40度以上の高熱が出て、患者さん本人が耐えられなくなります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR