健康豆知識1398

わが家292
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
また同時に、殺細胞剤で免疫力の低下した体内に、活性を高めたNK細胞(ANK細胞)を投与してやることになり、脆弱化した免疫を立て直すことになる点でも非常に理にかなっています。
スポンサーサイト

健康豆知識1397

わが家291
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
その際、造血作用をじゃまされる「骨髄抑制」という副作用もあいまって、体内にいるNK細胞などの免疫細胞も大きなダメージを受けてしまいます。
殺細胞剤による化学療法後にANK免疫細胞療法を追加するのは、総数の減少したがん細胞を狙って追い打ちをかけることになり、2つの治療の相乗効果を高める治療設計になります。

健康豆知識1396

わが家290
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
殺細胞剤は、がん細胞の増殖(分裂)が速いことに着目し、その「分裂」のタイミングに標的を絞った薬です。分裂中の細胞を殺すことで、相対的にがん細胞のほうをより多く減らそうとする設計なのです。したがって、がんを叩くときに分裂中の正常細胞が巻き添えを食うことは、はなから必要悪として織り込んでいるのです。

健康豆知識1395

わが家289
わが家の今日の花

◎殺細胞剤とANK細胞の同時投与は無意味になる
ANK免疫細胞療法と抗がん剤(殺細胞剤)の併用は、がんを効率よく叩くためにANK免疫細胞療法医がしばしば推奨する選択肢です。ただし、あくまでもそれは「同時併用ではない」ことに留意してください。2つの治療法の作用が、お互いに矛盾しているからです。

健康豆知識1394

我が家288
わが家の今日の花

◎化学療法後のANK免疫細胞療法
この際、重要なことは、化学療法を受ける前にリンパ球を採取することです。
このように、攻撃力の高い化学療法と、免疫系のANK細胞療法を併用することで、患者さんの経済的負担を抑えながら、より短期間でがんを効率よく減らす治療設計が可能になります。

健康豆知識1393

我が家287
我が家の今日の花

◎化学療法後のANK免疫細胞療法
こうして、化学両方で縮小した腫瘍を、ANK免疫細胞療法で引き続き消失させることを目指します。最終的にがんが見えなくなり、再発しないレベルの免疫力を回復できればゴールです。

健康豆知識1392

我が家286
我が家の今日の花

◎化学両方後のANK免疫細胞療法
①できれば化学療法を始める前に、リンパ球を採取し、NK細胞の増殖・活性化を始めます。
②化学療法を開始します。
③ANK細胞の培養ができてはも、化学両方の実施中に併用することは控え、そのまま培養センターで超低温凍結保存をしておきます。化学両方だけを集中的に行ない、できるだけ腫瘍を縮小させます。
④薬剤耐性が現れたら、すぐに化学療法を終了し、ANK免疫細胞療法に切り替えます。

健康豆知識1391

我が家285
我が家の今日の花

◎化学療法後のANK免疫細胞療法
勢いよく増殖していおる腫瘍を、標準治療の抗がん剤(殺細胞剤)でなるべく縮小させ、薬剤耐性が現れたら、すぐさまANK免疫細胞療法に切り替えて叩く。それが化学療法とANK免疫細胞療法の基本的な併用方法です。その場合の手順を示すと、次のようになります。(次回)

健康豆知識1390

我が家284
我が家の今日の花

◎殺細胞剤の薬剤耐性
しかし、ANK免疫細胞療法は「薬」ではないので、薬剤耐性とは無縁です。そこで、化学療法が一定の効果を上げたあと薬剤耐性ができたと感じたらすぐANK免疫細胞療法が引き継ぎ、最後までがんを追い詰めることを目指すといった方法が検討できるわけです。

健康豆知識1389

我が家283
我が家の今日の花

◎殺細胞剤の薬剤耐性
医師が恐れるのは、薬剤耐性を得たがんには勢いを増し、増殖を速める傾向があることです。いったん薬剤耐性が現れると、ほかの薬(セカンドライン、サードライン)の効きも悪くなってしまいます。がんが薬に耐性を得ると、標準治療では事実上、打つ手がなくなってしまうのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR