FC2ブログ

健康豆知識822

栽培ハウス
MM栽培ハウスも今までの実績が証明しております。

◎手が届きやすくなった「高度医療」。大腸がん、胃がん、花粉症の人は注目!
近年、健康保険を使えるようになった医療が増えてきました。間もなく使えるようになるものも含め、その例を挙げてみましょう。
・舌下免疫療法(スギ花粉症の根治療法 *2014年9月現在、まだ保険適用とはなっていない)
・重度のワキ多汗症
・慢性胃炎のピロリ菌除菌(胃潰瘍などが無くても可能)
・カプセル内視鏡(出血性の小腸疾患・大腸がんの検査)
・仮想大腸内視鏡/大腸3D-CT(大腸がんの検査)
スポンサーサイト

健康豆知識821

換気扇
栽培室用に換気扇をストックしております。殆ど無償で取り付けしています。

◎30分以内の昼寝が、日中の作業効率をぐんと上げる
寝過ごすことが心配な場合、携帯電話などのアラーム機能を活用してみてはいかがでしょうか。
また、昼寝の直前にカフェイン入りのコーヒーや紅茶、緑茶などを飲んでおくこともよいかもしれません。
カフェインが吸収されて覚醒効果を発揮するのがちょうど30分後、つまり目覚めの時刻になるのでスッキリ起きられるでしょう。

健康豆知識820

栽培室
栽培検証施設にて・・

◎30分以内の昼寝が、日中の作業効率をぐんと上げる
昼食後、職場や電車の中などで少しでも眠れるとよいですね。ポイントは、「30分以内」というところです。なんとか時間を見付けられそうではありませんか?
ただし、30分以上寝てしまうと、夜の時間に影響が出てしまうので要注意です。

健康豆知識819

無題
スクランブルエッグ

◎「30分以内の昼寝が、日中の作業効率をぐんと上げる
厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」では、夜間に充分な睡眠が取れなかった場合について、こう書かれています。
「午後の眠気による仕事の問題を改善するのに昼寝が役に立ちます。午後の早い時刻に30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業能率の改善に効果的です」

健康豆知識818

ビニールハウス
ビニール栽培ハウス MM農園では推奨はしていませんが、可能です

◎30分居ないの昼寝が、日中の作業効率をぐんと上げる
働き盛りの世代は、必要な睡眠時間が不足していることもあります。たとえば患者のWさん(40代・男性)は、仕事の関係で、平均4~5時間しか眠れない時期も珍しくないそうです。
「昼間に疲れを感じることもあり、睡眠時間が明らかに足りないと思います。ですが連日深夜帰宅で、寝る時間を増やせないのです」とお困りでした。

健康豆知識817

アラゲキクラゲ
アラゲキクラゲは順調な生育です

◎「1日8時間の睡眠がいい」にこだわるのは間違い。必要な睡眠時間は年代によって異なる
指針には、こう書かれています。
「長い時間眠ろうと、寝床で過ごす時間を必要以上に長くすると、かえって睡眠が浅くなり、夜中に目覚めやすくなり、結果として熟睡管が得られません。適切な睡眠時間を確保できているかを評価する上では、日中しっかり目覚めて過ごせるかも一つの目安になります」
私はGさんに「次の日に元気であれば、睡眠時間が若い頃よりも減っていても大丈夫」とお話ししています。

健康豆知識816

稲
コシヒカリの稲刈りが始まりました。

◎「1日8時間の睡眠がいい」にこだわるのは間違い。必要な睡眠時間は年代によって異なる
Gさん(60代・男性)は、定年退職されたばかり。在職中は常に睡眠不足で、「退職後はたくさん眠ろう」と楽しみにしていたそうです。ですが、いざ退職すると睡眠欲が低下しており、不安に感じているとのことでした。そして「もっと寝なくては」と不安になって、目が覚めても寝床からなかなか出なかったり、二度寝を試みたりするそうです。

健康豆知識815

椎茸原木栽培
椎茸原木栽培風景

◎「一日8時間の睡眠がいい」にこだわるのは間違い。必要な睡眠時間は年代によって異なる
・15歳前後・・・・・8時間
・25歳・・・・・・・・・約7時間
・45歳・・・・・・・・・約6.5時間
・65歳・・・・・・・・・約6時間

健康豆知識814

まこもだけ
まこもだけ

◎「1日8時間の睡眠がいい」にこだわるのは間違い。必要な睡眠時間は年代によって異なる
厚生労働省は2014年、「健康づくりのための睡眠指針2014」を発表しました。これは、2003年の策定以来、11年ぶりに見直されたもおになります。
指針では、年代ごとの適切な睡眠時間が示されています。そして「年をとると、睡眠時間が少し短くなるのは自然であること」「日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠が一番である」と述べられています。

健康豆知識813

菌床
殆どのキクラゲ栽培農家が採用していない青白LEDですが、MM農園では開始当時より採用・実証を積み重ねました。

◎「1日8時間の睡眠がいい」にこだわるのは間違い。必要な睡眠時間は年代によって異なる
睡眠時間の長さを気にする人は多いようです。先日、患者のGさん(60代・男性)に「若い頃よりも睡眠時間が減っている。途中で目も覚めるし、睡眠薬を出してもらえないでしょうか?」と相談を受けました。
でも、実は、理想的な睡眠時間の長さは、念ッ第ごとに違うのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR