管理人の主飼育メダカ

天山

管理人は、天山の飼育を主に行っております。あひるのメダカ屋さんが固定されたこの種は、非常に私も一瞬で魅了されまして、たった9匹しか卵を得られなかったのですが、1匹も死なす事なく順調に育ってくれました。そのメダカも口先まで光が入り、この9匹を基に、純血種として集中繁殖・飼育をして行こうと思っております。品種は、グループが分散して飼育しておりますから50種以上は常時居ます。この親メダカは非常に良かったのですが、委託していた繁殖者の管理悪く、他の毛仔と一緒に死なせてしまいました。グループでは現在50匹以上は居ますが。初めての冬越しとなれば、管理方法も確立出来ると思っております。野外飼育にこだわりたいです。
スポンサーサイト

健康豆知識158

aa25.jpg
昨日は、タモギタケの天麩羅パーティーでした

タンパク質がもっと必要という誤った考えを信じてはいけません。私が著書で提唱している食事法には、十分なタンパク質が組み込まれています。そして、長期の疲労感は、タンパク質の欠乏症ではありません。私のビーガン食でさえ、1000キロカロリー当たり50グラムのタンパク質が供給されます。これはけた外れの数字です。
動物性たんぱく質や甘いものを制限しはじめた人がよく訴える症状が、一時的疲労感です。しかしこれは、殆どの人が通らねばならない、正常な解毒過程なのです。軽い症状が現れるこのプロセスは、通常5日も続きません。

楊貴妃透明鱗「篤姫の選別法」

琥珀
篤姫
篤姫7月孵化の選別ですが、光は共にかなり強いメダカばかりですが、下の画像は、黒っぽいつや消しのような体部です。上画像はやはり同じように光っておりますが、体部は明るい色です。
選別は、主に、下部のメダカを率から言って、6(下部)対4(上部)位でしたが残すように言われました。つまり、上部のメダカは、楊貴妃透明鱗光と呼べば良いのかな・・その辺がいまいち私には把握出来ていないのですが・・

健康豆知識157

ピーマン
朝採れのピーマン

動物性食品が多い食事は、からだの解毒機構に大きな負担をかけます。そのためカフェインやタバコをやめるときと同様に、断ってしばらくの間、疲労感、虚弱感、頭痛、下痢気味といった禁断症状を訴える人が多いのです。このうち95%のケースは、2週間ほどでこうした症状が消えます。しかしほとんどの場合、以前の毒々しい習慣を断ったことで軽い症状が出る、一時的な調整機関は1週間も続かないものです。

健康豆知識156

イベント会場にて
イベントのご案内がありましたが、現在は用意するのも大変で殆どお断りしております。

「動物性食品」制限食へシフトする
やはり動物性食品を摂らないと調子が悪く、からだがよく機能しないと言う人がたくさんいます。私が診てきたかぎり、これは動物由来の食品を減らして2~3週間目の人が不調を訴えるときによく口にする言葉です。我慢せずに以前の食事に戻してしまい、やっぱりこのほうがいいと感じて活力を得るには肉が必要と結論づけてしまうのです。

健康豆知識155

キノコ栽培コンテナハウス
2棟製造した茸栽培専用コンテナハウスだそうですが、未使用のまま売り出されております。製造費の3分の1だそうです。
興味のある方は、MM農園に・・仲介だけですが・・

どの植物がどのような免疫強化作用を持つか、そして総摂取カロリーに対し、それらが最も大きな割合を占めるよう摂取量を増やさなければいけないことをおわかりいただけたと思います。総摂取カロリーの円グラフにおいて、坑がん作用のある栄養素が豊富な食品の割合を増やすには、それらの入るすき間を作るために加工食品や動物性食品を制限する必要があるのです。

白幹之超スーパー光の親

白幹之超スーパー光
白幹之が特に個人的に好きなので、お師匠様に譲って頂きました。来春子取りしますが、最近では、幹之も大人気で、皆様素晴らしいめだかを出されておりますね。お師匠様も野外飼育派なので、越冬方法も教わっております。

ロイヤルブルーの仔

ロイヤルブルー仔
9月生まれで、つい最近孵化したものですが、毛仔の時から既に体色の違いが現れています。
本来黒い仔がロイヤルブルーに育つと思いますが、何しろこの道はど素人、暖かい場所で、早く大きくして越冬準備に備えればと思います。本格的には、来春から、アクア事業部は立ち上がると思います。現在は猛勉強中で準備段階です。越冬をクリア出来れば、出来れば温室飼育を避けて、本来のメダカ種の生命力の強いものを全国にお届けしようと思います。

健康豆知識154

ニンジン
無農薬(土質改造をふくめたふかふかの土地)弱アルカリ性を示すニンジン

ビーガン食ではヨウ素と亜鉛不足も心配されますが、実践者で欠乏症の人はほとんどいません。これもまた血液検査で確認可能です。さらぬ、ヨウ素は簡単に補給できます。ケルプパウダー(昆布のような海藻を粉末にしたもの)ひとつまみを週に2~3度使うか、あるいは亜鉛、ヨウ素、ビタミンB12、ビタミンDを適切に補給することでカバーできます。太陽のビタミンといわれるビタミンDもあまり食品に含まれていないので、日光にあたる機会が少ない人は補給が必要です。

7月生まれの天山

天山
もう親サイズに成長しました。9匹しか最初から入れてなかったのですが、
天山は、殆どロスの無いめだかですね。ピカピカです
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR