FC2ブログ

出目メダカ

出目メダカ

今年6月孵化の出目メダカです。管理人は限られた種しか飼育しておりませんから、
多くの種を錦鯉同様に眺めながら、やはり限られた種だけを飼育して行くと思います。伝書鳩や、錦鯉も長年やっていましたから、メンデルの法則的な事は分りますが、この氾濫する多くの種の中で、系統的にはっきりしたものだけを選別しながら、この飼育は素人である事も分っておりますので、繁殖させて行こうと思っております。もう少し、色んな方の所や品評会などにもどんどん出掛けて参ります。とにかく趣味が多くて、鉱物の会にも入ってますし(^^,, 健康ヲタクだけではありません。楽しく過ごしています。事業も、趣味もです。とことん追求して参ります。
スポンサーサイト

健康豆知識130

乾燥タモギタケ
乾燥タモギタケ・・好評で、多方面でお使い頂いております。注文を受けて袋詰めしますので、当園のは本来の黄色です。

タンパク質の逆説
「インスリン様成長因子1」(IGF-1)と呼ばれるホルモンは、胎児や子どもの成長を促すのに重要な役割を担うものですが、成人のからだでは同化作用(からだを作る)を発揮します。
IGF-1の生成は、生物価の高いタンパク質、つまり成長を最大限に促すすべての必須アミノ酸を含むタンパク質で、生物価がとても高いです。おろかにも、動物性タンパク質を多く摂って少しでも大きくなろうと躍起になっている私たちの社会では、みなIGF-1レベルが高いのです。

繁殖はまだまだ試行錯誤です

幹之体内光W発光ダルマ
余り上手に撮影出来ておりませんが、7月孵化の
幹之体内光W発光のメダカです。親メダカは、普通の体形ですが、この7月孵化のものはほぼ9割方、半ダルマメダカ、ダルマメダカになっております。ただし、強光のものが非常に多く、未だ小さいので、公開も販売もしておりませんが、
来春には、楽しみです。時期によって、こう言う体形になるのか、親メダカの伝承か、或いは、この種がこう言う体形になりやすいのかは、管理人レベルの未だ経験では、分らない部分です。

アクア事業部では既に2万匹

幹之青スーパー光
繁殖させるには、元々錦鯉を数十年管理人は飼育しておりますから、
親メダカの重要性を認識しております。
これは、幹之青スーパー光と言う種で、特に光が頭部にV字まで入っております。
メダカ飼育歴は浅いかも知れませんが、既にメダカ販売業者、繁殖業者、品評会などを巡りまして、
自分が納得した品種、気に入った品種だけをこれから飼育、繁殖させて参ります。

MM農園アクア事業部より 

篤姫 光
MM農園では殆ど趣味に近いですが、アクア事業部を立ち上げております。
ブログにて、初掲載開始します。様々な飼育商品を扱うのが主ですが、
本部事業部でも今年7月に孵化させました。
篤姫と言う光種の7月生まれのメダカです。現在1.2センチまで成長しております

健康豆知識129

aa5.jpg
お待たせしました。8月製造分が本日入荷します

体格のいいフットボール選手は、心臓死が一般人の2倍で、多くが55歳前に死亡しているのです。1964年のオリンピックに出場した東ドイツの選手600人余りのうち、現在でも生きているのは10人以下であるという事実もあります。
このようなことをふまえると、筋肉の増強をサプリメントやステロイドで促すのは賢明ではないようです。過剰なBMIは、たとえ高タンパクの動物性食品を食べて筋肉量が増加したものであれ、心臓発作やその他疾患のリスク因子なのです。

健康豆知識128

茸入り野菜炒め
茸入り野菜炒め

骨密度や筋肉を増強させるのは、タンパク質ではなく運動です。動物性食品の過剰摂取によって人為的に増強を促せば、BMI値(身長に対する体重の比率―体格指数。体脂肪率とも呼ばれる・脂肪と筋肉の区別は表れない)はある程度上がるかもしれませんが、同時に脂肪も増えます。高BMI値は、たとえほとんどが筋肉量であっても、早死に関与しているのでくれぐれも注意ください。

健康豆知識127

タモギタケ等を使った野菜ディップソース
タモギタケ等を使った野菜ディップソース

中和するために必要なカルシウムやリン酸などのミネラルが骨から溶け出します。これが、骨粗しょう症につながる骨量の減少のステップです。これに塩分の摂りすぎあ重なると、さらに骨量の減少に拍車がかかります。このように骨代謝回転が過剰に促されると骨の破壊と再形成が過剰に行われ、骨粗しょう症や他組織でのカルシウムの蓄積につながります。

健康豆知識126

キノコ専用ハウス
MM農園茸栽培ユニットです

使われないタンパク質は体内でタンパク質として蓄えられるのではなく、脂肪として蓄えられるか、腎臓を経由して排泄されます。余分な窒素を尿で排出すると、骨からカルシウムその他のミネラルが浸出され、腎臓結石の原因となります。
野菜はアルカリ性ですが、動物性食品は酸性のため、胃で消化される際に非常多くの塩酸が必要となります。高タンパク質の食事をしたあとは血液も酸性になるので、からだはそれを中和するために酸-塩基反応を起こします。このときに骨が犠牲になるのです。

健康豆知識125

続きを読む

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR