FC2ブログ

健康豆知識1728

わが家629
わが家の今日の花

◎カットフルーツが好き
果物は糖分がたっぷり含まれているため、敬遠される方も少なくありません。しかし、果物は腸内フローラにプラスの影響を与えてくれる嬉しい食品なのです。
ただし、食べ方には少しご注意を。皮などを取り除いたカットフルーツでは、果物に含まれている食物繊維を減らすことになってしまうからです。
スポンサーサイト

健康豆知識1727

わが家628
わが家の今日の花

◎除草剤の成分が腸内細菌の活動を阻害するのです。
現代の日常生活で、食品添加物や遺伝子組み換え作物を完全に避けることは難しいかもしれません。しかし可能な限りこれらを避け、天然かつ手作りの食品を選びたいものです。
・遺伝時組み換え食品が原材料に使われている可能性のある食品
畜産品(原料として
肉、卵、牛乳、乳製品

サラダ油、植物油、マーガリン、ショートニング、マヨネーズ
甘味料
コーンシロップ、葡萄糖、果糖、みりん
その他
醤油、コーンフレーク、醸造用アルコール

健康豆知識1726

わが家627
わが家の今日の花

◎遺伝子組み換え食品は本当に大丈夫?
これは人間の胃には影響を与えないとされていましたが、近年「人の腸粘膜も破壊する」という研究論文が発表され、安全性が疑問視されています。
また、特定の除草剤に耐性を持たせた作物の場合、作物そのものだけでなく、大量に使われる除草剤も悪影響を及ぼします。

健康豆知識1725

わが家626
わが家の今日の花

◎遺伝子組み換えは本当に大丈夫?
日本では大豆、ジャガイモノ、トウモロコシ、パパイヤなど厚生労働省に安全性を認められた遺伝子組み換え作物、品種が市場に出回っています。、
しかし食品添加物と同様に、腸内環境へのリスクはゼロとは言い切れません。
たとえば、特殊なタンパク質を含み、害虫の消化管を破壊して虫害を防ぐよう改良されたトウモロコシなどがあります。

健康豆知識1724

わが家625
わが家の今日の花

◎遺伝子組み換えは本当に大丈夫?
食品の表記では、遺伝子組み換え作物を使用していないかにも注目してください。
遺伝子組み換え作物とは、除草剤や害虫、病気に対しての耐性や、低温や高温、乾燥など厳しい環境への耐性を、遺伝子的に操作して付与した農作物。これらは細菌ウイルスなどほかの生物のDNAを使い、自然界ではありえない方法で人工的に作られたものです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR