健康豆知識1431

わが家325
わが家の今日の花

◎標準治療を保管するANK療法
ここまで私は、自分が進行がんの患者さんを救う手段として「理にかなっている」と考え、8年前から取り入れたANK療法の臨場現での実情を書いてきました。そのANK療法の真価を理解していただくには、まず、がんという病気を正しく理解していただく必要があると考えました。
スポンサーサイト

健康豆知識1430

わが家324
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
現在、世界のメガファーマ(巨大医薬品メーカー)がライセンスを受けてポテリジェント抗体医薬品を開発中で、それが登場すると実験系で100倍になったというADCC活性を、ANK療法に活かすことができます。それによって、がんの手術が激減する可能性もあると、私は考えています。

健康豆知識1429

わが家323
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
それはガスター10®などで知られるH2ブロッカーが1980年代に登場したためです。そのようなことが、がんでも起こるかもしれません。
がんにとっての特効薬は「ポテリジェント抗体」という分子標的薬です。抗体のポテリジェント化は、日本の協和発酵キリンが持つ次世代のカギとなる技術です。

健康豆知識1428

わが家322
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
数年後には、現在治験中の画期的な分子標的薬が使えるようになるでしょう。そうすれば、ANK療法と画期的分子標的薬の併用で、恐らく10年以内にがん治療のシーンが変貌する可能性があります。
かつて、私が医師になったころ胃潰瘍や12指腸潰瘍で胃を切除していた時代がありました。現在では、胃切除手術といえばがんに決まっています。

健康豆知識1427

わが家321
わが家の今日の花

◎がん手術は激減する可能性もある
現在、私が転移性進行がんのANK療法に分子標的薬を併用している割合は、相当数に達しています。それ以降、治療成績が上がっている手ごたえを感じています(終章に紹介する症例のとおりです)。*症例は、MM農園が健康豆知識として紹介する主旨とは違いますので割愛させて頂きます。あくまで、こう言う書籍があると言う事で掲載させてもらっておりますので。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR