FC2ブログ

健康豆知識1671

わが家573
わが家の今日の花

◎腸内フローラとは?
たとえ同じような生活をしていて、同じものを食べていたとしても、病気にかかりやすい人とそうでない人がいます。病気にかかりやすいかどうかを決める原因は遺伝的体質や環境などさまざまですが、個人の持つ免疫力によるところも大きいでしょう。実はこの免疫力のうち約7割は腸内環境が担っているのです。
スポンサーサイト

健康豆知識1670

わが家572
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
涙を流すことには、これらの過剰に分泌されてホルモンを輩出し、体内のホルモンバランスを改善する効果があるのです。ストレスを感じたときは、泣ける映画を観るなどして思い切り涙を流すことが生体バランスを整えることにつながります。

健康豆知識1669

わが家571
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
また、プロラクチンは母親が乳児に母乳を与えるとき、多く分泌されるホルモンです。乳腺を発達させる、産後の母体を守るなどの働きをします。男性にとっても性機能の発育をサポートする作用があります。
しかし、プロラクチンが体内に過剰分泌されると、月経不順や赴任、無排卵月経などの原因になります。体内での分泌はバランスが重要なのです。

健康豆知識1668

わが家570
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
コルチゾールは、朝目覚める際やストレスを感じた際に分泌されるホルモンです。交感神経を刺激し、脈拍や血圧を上げる働きをします。脂肪を分解するほか、免疫を抑制する作用もあります。
狩猟や闘争が当たり前の時代であれば、人間の身体能力を高めるために重要なホルモンでしたが、現代日本で感じるストレスは人間関係や仕事の悩みなど、長期的なものが多いといえます。ですから、現代人にとってはコルチゾールの過剰分泌は、不眠症やうつ病を引き起こすものになりかねません。

健康豆知識1667

わが家569
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
涙を流すことには、ほかにもさまざまな効果があります。たとえばよく「涙を流すとストレス解消になる」といわれていますが、これは科学的にも証明されている事実です。
感情が動かされることによって涙が流れると、「コルチゾール」や「プロラクチン」など体内に溜まったさまざまなストレスホルモンが一緒に流れ出るというのです。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR