FC2ブログ

健康豆知識1609

わが家510
わが家の今日の花

◎背の高いカップル
乳がんは女性だけの病気とはかぎりません。乳がん患者のおよそ1パーセントは男性が羅患します。もしも胸にしこりがある場合は、たとえ男性でも乳腺外来を受診するようにしてください。
なお、厚生労働省研究班・多目的コホート研究(現国立がん研究センター・多目的コホート研究)によると、乳がんの予防には大豆が効果的といわれています。
スポンサーサイト

健康豆知識1608

わが家509
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
しかし、エストロゲンの分泌が過剰になると、乳がんの原因となるがん細胞の発症リスクが高まってしまうのです。
乳がんのリスクが高まる要因は身長以外にもあります。肥満、初潮が早い。出産経験がない、閉経が遅い等のケースでも、そうでない人に比べてエストロゲンの影響を強く受けてしまうのです。

健康豆知識1607

わが家508
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
身長が高い人に、どうして乳がんのリスクが高いのか。その理由は女性ホルモンの一種である「エストロゲン」が深く関わっています。エストロゲンには女性の体を妊娠に適した状態へと導く作用があります。
また、むくみを取り除く、肌や髪にツヤを与えるなど、美しさをサポートしてくれる非常に重要なホルモンなのです。このエストロゲンが成長期に多く分泌された場合、身長が高くなりやすいといわれています。

健康豆知識1606

わが家507
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
国立がん研究センター・多目的コホート研究結果によると、どうやら体格と乳がんの羅患率に深い関連があるかもしれないというのです。身長が160センチメートル以上のグループと148センチメートル以下のグループについて乳がんのリスクを比較すると、前者の羅患利つは後者より、閉経前で1.5倍、閉経後では2.4倍も高くなっていたというのです。

健康豆知識1605

わが家506
わが家の今日の花

◎背の高い男女のカップル
生涯のパートナーには背の高い相手がいいと考える人、最近は男女を問わず多いのではないでしょうか。あなたがもし高身長の持ち主だった場合、他人からモテルことと引き換えに人一倍気を使わなければなりません。
たとえば、身長が高くスラっとしたモデル体型の女性は憧れの的ですが、乳がんに気をつける必要があります。

健康豆知識1604

わが家505
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
男性に負けずバリバリ働く、デキるキャリアウーマンタイプの女性は、この薬指が長いタイプが多いとか。
このようなホルモンの注目すべき働きや効果をうまく発揮できるように、ここからはとくに男女の関係性に注目して、危ない生活習慣をお教えします。
異星との接し方やパートナーとの何気ない関係によって、あなたの活力や行動力を大きく損ねてしまう危険性があるのです。
昔に比べると元気がなくなってきた・・という方も、若々しいパワーを取り戻すヒントが見つかるかもしれません。

健康豆知識1603

わが家504
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
テストステロンは人間の行動力を司り、やる気をみなぎらせる作用があるほか、筋肉量を増加させ、中性脂肪を減らすなどの働きもあります。男性はもちろん、女性にとっても嬉しい効果があるのです。
ところで、テストステロンが活発な人かどうかを簡単に見極める方法があります。手の薬指を見てください。人差し指に比べて薬指が長ければ、それはテストステロン値が生まれながら高めのい傾向があるということが言えます。

健康豆知識1602

わが家503
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
たとえば「性ホルモン」という存在は御存じかと思いますが、男性ホルモンは男性だけ、女性ホルモンは女性だけのものだと思っている方も少なくないのではないでしょうか。
しかしそれは、便宜上の呼び方に過ぎません。どちらのホルモンも、男女を問わず必要なものなのです。男性ホルモンの一種である「テストステロン」は、男性の場合は主に精巣で、女性の場合は男性ほどの量ではありませんが副腎や卵巣から分泌されます。

健康豆知識1601

わが家502
わが家の今日の花

◎男と女ホルモン編
ここからはホルモンの力を活性化させてパワフルな毎日を送り、健康長寿、ピンピンころりの人生を実現するための”やってはいけないタブー習慣”を解説していきます。
ホルモンとは人の体で作られ、生きていくために必要なさまざまな身体的機能を調整する役割を果たすとても大切な物質です。現在は百種類以上のホルモンが確認されていますが、これらのホルモンについて漠然としたイメージしかお持ちでない方も多いでしょう。

健康豆知識1600

わが家501
わが家の今日の花

◎適度な睡眠は年齢によって変わる
人間の睡眠時間が加齢によって短くなるのは自然の摂理と考えるのが常識。無理をして長く寝ようとすると、ストレスの元になったり、かえって睡眠の質を落としてしまう恐れがあります。
この指針では就寝する時間を決めず、眠くなってかた床につくことを推奨しています。そして、起床時間を毎日一定に保つことが大切だと指摘しています。

健康豆知識1599

わが家500
わが家の今日の花

◎適度な睡眠時間は年齢によって変わる
厚生労働省が発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、睡眠時間は若年世代、勤労世代、熟年世代に分けて考える必要があると報告されています。
もちろん個人によって差はありますが、10代前半の睡眠時間は平均で8時間以上、25歳は約7時間、45歳は約6.5時間、65歳は約6時間と、加齢によって睡眠時間は短くなるというのです。

健康豆知識1598

わが家499
わが家の今日の花

◎適切な睡眠時間は年齢によって変わる
40歳を過ぎてから睡眠時間が短くなり、7時間以上へ無群れ無いという方が増えていると聞きます。「若い頃はいくらでも眠れていたのに、年齢を重ねるにつれて睡眠時間が短くなってきた、大丈夫だろうか」と気になさる人もいると思いますが、あまり気にする必要はありません。

健康豆知識1597

わが家498
わが家の今日の花

◎8時間睡眠
アメリカ・ペンシルバニア州立大学医学部睡眠研究治療センターが睡眠不足と寝だめに関する調査を行っています。
それによると、寝不足の人が長時間の睡眠を取ることで、眠気を解消することはできました。しかし、仕事の作業効率は回復できなかったのです。表面的な眠気がなくなったとしても、寝だめでは脳や体に蓄積された疲労は回復できないのです。
また、過剰な睡眠は、うつ病を引き起こすという研究結果もあります。毎日、適度な睡眠時間を設けられるようにしましょう。

健康豆知識1596

わが家497
わが家の今日の花

◎8時間睡眠
同様の結果は、アメリカで行われた調査でも出ており、多くの人にとって理想的な睡眠時間はどうやら七時間といってもいいようです。
ただし、人によっては、平日は睡眠時間が短いため、週末に寝だめをして一習慣の平均睡眠時間を増やそうと考える人がいるかもしれません。しかし、それでは効果は見込めず、意味がありません。

健康豆知識1595

わが家496
わが家の今日の花

◎8時間睡眠
睡眠時間は長ければ長いほどいいと思っていませんか?しかしそれは大きな間違いです。毎晩8時間以上睡眠を取ることは、老化が進んでしまう危ない行為なのです!
北海道大学の玉越暁子教授は、日本人11万人を対象に12年間にわたる追跡調査を行いました。その結果、死亡率が最も低かったのは睡眠時間が7時間の人。そしてそれより長くても短くても、死亡率は上がったというのです。

健康豆知識1594

わが家495
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
健康のために野菜・果物ジュースを毎日飲んだ結果、健康を損ねてしまっては元も子もありません。市販の商品を取り入れるのは決して悪いことではありませんが、できるだけ信頼出来る安全なものを選ぶことをおすすめします。

健康豆知識1593

わが家490
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
なお、ファイトケミカルは植物の皮やその周辺に大量に含まれることが多いため、市販されている中で、皮の含まれていない、飲み口がさらっとした野菜・果物ジュースでは満足の行く健康効果を得られないケースがあるためご注意ください。
アメリカ・ハーバード大学栄養学教室の調査によると、ある市販の野菜・果物ジュースを飲んだ結果、糖尿病の発症リスクが上がったという例もあります。

健康豆知識1592

わが家489
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
中には抗酸化作用が認められているものも多く、人間の健康を守るために様々な場面で役立てられています。
ファイトケミカルは植物の中に主に色素として含まれています。つまり、色とりどりの野菜や果物の皮を入れてスムージーを作れば、より多くの健康成分を摂り入れられるということです。たとえば虹と同じ七色の食材を使ってみるなど、楽しみながら工夫をしてみてください。

健康豆知識1591

わが家488
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
リンゴに含まれるリンゴポリフェノールやニンジンに多く含まれるカロテン、緑茶に含まれているカテキンなど、野菜や果物に含まれている天然の化学物質を「ファイトケミカル」といいます。
これらは植物が、昆虫や紫外線などから身を守るために作り出しています。植物の色素や香り成分はファイトケミカルが由来です。

健康豆知識1590

わが家487
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
これは米シアトルに在住する日系米国人の食生活を十年間追跡調査したもの。この調査では、野菜・果物を使ったジュースを週に一~二回しか摂取していなかった場合、アルツハイマー病リスクは十六パーセントしか減少していませんでした。
スムージーに使う野菜や果物は前述のリンゴと同様に、きれいに洗って皮ごとミキサーにかけるようにしてください。そうでなければ、食物繊維や健康成分をふんだんに摂ることっができません。

健康豆知識1589

わが家486
わが家の今日の花

◎皮を入れないスムージーは、もったいない!
果物や野菜を手軽に摂る方法として、野菜や果物を使ったスムージーがおすすめです。ある調査によると、野菜・果物を使ったジュースを週に三回以上摂っている人は、週に一回未満の人に比べて、アルツハイマー病の発症リスクが76パーセントも低いことがわかっています。

健康豆知識1588

わが家485
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
さらにリンゴポリフェノールには口臭予防効果もあります。リンゴポリフェノールには口臭の原因となるメチルメルカプタンという物質の増加を抑える働きがあるのです。
リンゴを食べるのであれば、よく洗って皮ごと食べるようにしましょう。また、リンゴを選ぶ際は真っ赤に熟しているものがおすすめです。リンゴポリフェノールが豊富に含まれています。

健康豆知識1587

わが家484
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
リンゴポリフェノールはこれらの活性酸素を除去し、老化や病気を防ぐアンチエイジングの強い味方です。
また、マウスを用いたある実験では、標準食、高脂肪食、高脂肪食+リンゴポリフェノールの3種類の食事のうち、「高脂肪食+リンゴポリフェノール」を与えたマウスの内臓脂肪量は、標準食と変わらないという結果になりました。皮付きのリンゴは、ダイエット効果も見込めるようなのです。

健康豆知識1586

わが家483
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
リンゴポリフェノールも同種のポリフェノールのご多分に漏れず、強い抗酸化力を持っています。
活性酸素は本来、体の中に侵入してきた異物を攻撃して体を守るなど、健康を維持するためには必要不可欠な物質です。しかし、体内で過剰に増えすぎてしまうと、正常な細胞にまで攻撃を仕掛けて、老化の促進や病気の原因となってしまいます。

健康豆知識1585

わが家482
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
しかし、リンゴの皮を一緒に食べることで、肥満の危険性を軽減して、体調を整える健康サポート食品となるのです。その理由は、リンゴのとくに皮に含まれている健康成分、「リンゴポリフェノール」にあります。
ポリフェノールは光合成によって生成される、植物の色素や渋みの成分となる総称。その種類は5000種以上あるといわれており、お茶に含まれるカテキンやブルーベリーに含まれるアントシアニンもその一種です。

健康豆知識1584

わが家481
わが家の今日の花

◎リンゴの皮をむく
昔から、「リンゴが赤くなると医者が青くなる」と言われているほどリンゴは健康効果の高い果物といわれています。しかし食べ方によっては、その恩恵を十分に受け取ることができなくなりますので注意をしてください。
たとえば、リンゴの皮をむいて食べると、体にいいどころか肥満の元になってしまう恐れさえあります。リンゴなどの果物に含まれている果糖は、糖類の中でも中性脂肪を増やしやすいため、ダイエットには不向きです。

健康豆知識1583

わが家480
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
また、こまめな水分補給も大切です。とくに睡眠中はたくさんの汗をかくため、起床後や、深夜目が覚めてしまった場合は、水分補給が必要です。もちろん、水を飲む前に口の中をきれいにゆすぎ、うがいをすることをお忘れなく。

健康豆知識1582

わが家479
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
また、早食いが癖になっている人は、食事の際にしっかり咀嚼するようにしましょう。唾液の分泌が促され、これもドライマウスの予防につながります。
口呼吸になりがちな人は、鼻呼吸を習慣づけてください。吸うときも吐くときも、鼻で行うことが基本です。鼻呼吸の重要性については前述しています。

健康豆知識1581

わが家477
わが家の今日の花

◎ドライマウスにご注意を
ドライマウスにならないためには、日頃の生活改善が必要です。お酒を控える、禁煙する、ストレスを溜めこまないなどは基本事項。それ以外にも、喫煙やストレスは交換神経を優位にし、唾液の分泌を滞らせてしまうため要注意です。リラックスをして副交感神経を優位にすれば、唾液の量は増えるでしょう。

健康豆知識1580

わが家476
わが家の今日の花

◎ドライマウスのご注意を
唾液の分泌量が減ってしまう理由はさまざまです。加齢によっても唾液の量は減りますが、飲酒や喫煙、ストレスによる影響も大きいようです。
口呼吸が癖になっている人は、口から空気が出入りすることにより、乾燥しやすくなっているためよけいに注意が必要です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR