FC2ブログ

健康豆知識1671

わが家573
わが家の今日の花

◎腸内フローラとは?
たとえ同じような生活をしていて、同じものを食べていたとしても、病気にかかりやすい人とそうでない人がいます。病気にかかりやすいかどうかを決める原因は遺伝的体質や環境などさまざまですが、個人の持つ免疫力によるところも大きいでしょう。実はこの免疫力のうち約7割は腸内環境が担っているのです。
スポンサーサイト

健康豆知識1670

わが家572
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
涙を流すことには、これらの過剰に分泌されてホルモンを輩出し、体内のホルモンバランスを改善する効果があるのです。ストレスを感じたときは、泣ける映画を観るなどして思い切り涙を流すことが生体バランスを整えることにつながります。

健康豆知識1669

わが家571
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
また、プロラクチンは母親が乳児に母乳を与えるとき、多く分泌されるホルモンです。乳腺を発達させる、産後の母体を守るなどの働きをします。男性にとっても性機能の発育をサポートする作用があります。
しかし、プロラクチンが体内に過剰分泌されると、月経不順や赴任、無排卵月経などの原因になります。体内での分泌はバランスが重要なのです。

健康豆知識1668

わが家570
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
コルチゾールは、朝目覚める際やストレスを感じた際に分泌されるホルモンです。交感神経を刺激し、脈拍や血圧を上げる働きをします。脂肪を分解するほか、免疫を抑制する作用もあります。
狩猟や闘争が当たり前の時代であれば、人間の身体能力を高めるために重要なホルモンでしたが、現代日本で感じるストレスは人間関係や仕事の悩みなど、長期的なものが多いといえます。ですから、現代人にとってはコルチゾールの過剰分泌は、不眠症やうつ病を引き起こすものになりかねません。

健康豆知識1667

わが家569
わが家の今日の花

◎涙とホルモンの関係性
涙を流すことには、ほかにもさまざまな効果があります。たとえばよく「涙を流すとストレス解消になる」といわれていますが、これは科学的にも証明されている事実です。
感情が動かされることによって涙が流れると、「コルチゾール」や「プロラクチン」など体内に溜まったさまざまなストレスホルモンが一緒に流れ出るというのです。

健康豆知識1666

わが家568
わが家の今日の花

◎涙を流さない
ということは、男性は、たとえ性的に興奮状態であったとしても、女性の涙の匂いを嗅げば一気に安静状態になるということなのです。
男性は女性の涙に影響され、攻撃性などが弱まり、冷静になるということがわかりました。これは、古来から女性が身を守るための手段であったものだと考えられます。

健康豆知識1665

わが家567
わが家の今日の花

◎涙を流さない
その結果、女性の涙の匂いを嗅いだときに、男性は女性に対して性的な魅力を感じ無くなっていたというのです。このとき、男性ホルモンの代表格であるテストステロンの値が大幅に下がっていたといいます。また、この状態の男性の脳をMRIで検査したところ、性的刺激によって班ンプする筈の視床下部の働きが鈍化していました。

健康豆知識1664

わが家566
わが家の今日の花

◎涙を流さない
「男は女の涙に弱い」というよく耳にする言葉がありますが、どうやらそれは科学的にも正しいようです。
イスラエルのノアム・ソベル教授がこんな実験を行っています。
まず、感動的な映画を観た後で女性が流した涙を瓶に集めました。これとただの塩水を用意して個別に男性に嗅いでもらい、どのような影響があるかを調査したのです。

健康豆知識1663

わが家565
わが家の今日の花

◎結婚生活でホルモンパワーが磨かれる
バツプレッシンの作用はパートナーとの絆を深めるだけではありません。腎臓に働きかけて、血圧や体内の水分、浸透性を調整する働きもあります。
腎臓は近年、人の寿命に関わる重要な臓器として注目されています。腎臓は全身を駆け巡る血液の成分を調整する要所です。夫婦仲がいい人は、パソフレッシンがしっかりと分泌され、健康長寿に関わる腎機能が正常に機能する可能性が高いといえるでしょう。

健康豆知識1662

わが家564
わが家の今日の花

◎結婚生活でホルモンパワーが磨かれる
ストレスは蓄積されるとさまざまな病気の原因になる健康長寿の大敵です。夫婦間でのハグやボディータッチが多い人は、オキシトシンの効果で長寿を得られるのです。
オキシトシンが母性愛の中心となるホルモンだとすれば、父性愛を象徴するホルモンもあります。その名は「バソプレッシン」。多く分泌されるのは魅力的な異性を見ているときや、セックスをしているときです。

健康豆知識1661

わが家563
わが家の今日の花

◎結婚生活でホルモンパワーが磨かれる
配偶者や恋人など、パートナーとの生活にはホルモン活性の点でもメリットがあります。前述したオキシトシンは子どもと関わりあった時だけでなく、配偶者とのスキンシップによっても分泌されます。心身の疲労を癒し、ストレスを緩和し、幸福感で満たしてくれる作用があります。

健康豆知識1660

わが家562
わが家の今日の花

◎パートナーがいない
しかし、家族がふたり以上いる場合は、自炊で栄養バランスのいい食事を作る場面が多くなるものです。また、長年連れ添っているパートナーであれば、些細な体調の変化などにも気づきやすいという点もあげられます。普段とは様子が違うので病院へ行くことを勧めたら、命に関わる重大な病気の初期症状だった・・・という話は珍しくありません。
家族がいる人は、相手のことを考えて気遣ったり、お互いに健康面でのサポートをしたりという機会が増えるのです。

健康豆知識1659

わが家561
わが家の今日の花

◎パートナーがいない
つまり独身者でいると、結婚している人よりも5~10年程度、寿命が短くなってしまうというのです。この結果は、どこの国の検証結果でも変わらないようです。
では、結婚している人が独身の人と比べて長生きをするのは何故なのか。そこにはさまざまな理由が考えられます。
たとえば食生活。一人暮らしの人は簡単なもので済ませてしまう傾向があり、一日三食ともレトルトやジャンクフードなど栄養バランスの悪いものというケースも珍しくありません。

健康豆知識1658

わが家560
わが家の今日の花

◎パートナーがいない
男女ともに未婚の人よりも配偶者がいるほうが8年も余命が長いのです。また、男性の場合は未婚のときよりも、離婚した人のほうが短いというのも興味深いところです。
このような調査が行われているのは日本だけではありません。米国のルイスヴィル大学やハーバード大学などでも調査が行われており、余命年数は多少異なるものの同様の結果が出ています。

健康豆知識1657

わが家559
わが家の今日の花

◎パートナーがいない
しかし、医学的な観点から言えば、独身でいるよりも結婚をしたほうが健康長寿が実現できそうです。
国立社会保障・人口問題研究所の調査によると、40歳のときの平均余命は、未婚男性が30年、配偶者ありは、39年、死別の場合は35年、離別29年となっています。また、未婚の女性は37年、配偶者ありは45年、死別の場合は43年、離別40年でした。

健康豆知識1656

わが家558
わが家の今日の花

◎パートナーがいない
ライフスタイルの多様化により、「あえて結婚をしない」という選択肢を選ぶ男女は少なくありません。もともと結婚を望んでいないという人もいれば、独身生活の自由さを満喫している人、もう今さら結婚をする年齢でもないからと諦め気味な人など、結婚を選ばない理由はさまざまでしょう。

健康豆知識1655

わが家557
わが家の今日の花

◎匂いで異性を誘惑できる?
ちなみにアラン・ハーシュ博士は女性が若く感じられる匂いについても実験を行っています。その結果、グレープフルーツの香りには女性を実年齢より5歳以上、若く感じさせる可能性があるとわかりました。ただし、何事もやり過ぎには注意が必要です。人はおよそ15分で、匂いに対して慣れてしまうといわれています。そのため、香水をつけてしばらくしてから「もしかして香水が足りないかも?」と考えて、香水をつけ直すのは避けた方がいいでしょう。たとえ自分では気づかなくても、初対面の相手は強烈な匂いを感じてしまうかもしれません!

健康豆知識1654

わが家556
わが家の今日の花

◎匂いで異性を誘惑出来る?
米国の有らん・ハーシュ医学博士の実験結果によると、男性の27パーセントはフルーティな香りを、18パーセントがフローラルな香りをこのむのだそうです。
さらに博士らの研究によると、36パーセントの男性は初対面の女性や初デートの相手が自分好みの香りだった場合、そうでない場合と比べて強い魅力を感じたといいます。

健康豆知識1653

わが家555
わが家の今日の花

◎匂いで異性を感じる
世間では「フェロモン入り香水」「フェロモンの分泌を促すサプリ」などの商品が販売されているようですが、現時点ではそのような謳い文句の商品は、眉唾ものと言わざるを得ません。しかし、異性を虜にするために、香りの効能を使うのはいい手段です。

健康豆知識1652

わが家554
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
その一方で、西オーストラリア大学動物生物学部、リー・シモンズ教授らの実験によると、これまでフェロモンの候補とされてきた物質に、そのような効果はないと指摘、報告されているのです。
今後の研究調査次第では、新たに人間にもフェロモンがあると証明されるかもしれませんが、現状、科学的には不明です。
ですから、「男との汗にフェロモンと同じ効果があるのではないか?」などと考えて、汗臭い状態で女性と接するような無粋な行為は避けておいたほうがよいでしょう。

健康豆知識1651

わが家553
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
さて、肝心の人間にフェロモンが存在するかについてですが、実は未だ決定的な存在証拠は発見されていません。
米国カリフォルニア大学の研究では「男性の汗の臭いを嗅いだ女性は性的に興奮し、心拍数が上昇する」という方向がなされたことがあります。それ以外にもさまざまな研究によって、男性の汗や精液、そして女性の尿には、それぞれフェロモンらしき物質が含まれているのではないかと考えられてきました。

健康豆知識1650

わが家552
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
一方、ホルモンは人体内で分泌され、効果を発揮する物質です。それぞれのホルモンが別の役割を果たす鍵のようなもので、私たちの全身随所にあるレセプター(受容体)と呼ばれる鍵穴に届くことでさまざまな情報を受け取り、それぞれ効果を発揮するのです。
体重のコントロールや睡眠のバランス、血圧や血糖値の変化、感情の変化など、ホルモンは人体のさまざまな生体機能をコントロールしているのです。

健康豆知識1649

わが家551
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
フェロモンとは、人間以外の動物の胎内で作られ、体外に放出される物質です。これらは異性を惹きつけるために分泌されるほか、エサの発見報告をする、外敵の存在を仲間に知らせるなど、コミュニケーション用に使われたりします。ハチやアリなどの昆虫や猫や犬など、多くの動物がこのフェロモンを分泌していることが知られています。また、人間と同じ霊長類である猿も、フェロモンを分泌しています。

健康豆知識1648

わが家550
わが家の今日の花

◎フェロモンを信じる
異性を虜にするような魅力のある人を「あの人からはフェロモンが出ている」などと表現することもありますが、実際にそのような物質は存在するのでしょうか。
そもそも「フェロモンとホルモンは何が違うの?」あんて思われる方もいるかもしれませんね。フェロモンとホルモンは言葉としては似ていますが、まったく別のものといってもいいでしょう。

健康豆知識1647

わが家549
今日のわが家の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
オキシトシンは、子供やパートナーへの愛情を強める働きがあり、家族の絆を強く結びつけてくれる働きがあります。そのほか、ストレスを解消し、脳の疲労をいやす作用もあります。
テストステロンの減少に気をつければ、イクメンになることはいいことづくめです。オキシトシンにはコミュニケーション能力を高める作用もあるため、育児休暇を終えて職場復帰をした際に「以前よりさらにデキるビジネスマンになることもあり得るのです。
オキシトシンの力をうまく活用しましょう。

健康豆知識1646

わが家548
わが家の今日の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
オキシトシンは出産時に多く分泌される女性ホルモンの一種で、陣痛を誘発させたり、母乳の分泌を促したりする役目があります。最近の研究で、このホルモンは男性にとっても無縁なものではなく、人間関係を構築するために一役買っていることがわかっています。

健康豆知識1645

わが家547
わが家の今日の花

◎家庭円満にはイクメンがいい!
ここまで読むと、「イクメンは男性にとって危険な行為なのでは?」と、不安になってしまう人もいるかもしれません。しかし、イクメンになることは家庭にとってプラスになることもあります。
それは、子どもと積極的に関わることで、オキシトシンというホルモンが分泌されることが要因です。

健康豆知識1644

わが家546
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
イクメンを目指すのであれば、まずは何としてもテストステロンの分泌現象に歯止めをかけなければいけません。
テストステロンを多く分泌させるためには、タンパク質や亜鉛が豊富に含まれている食品を摂ることが大切です。砂糖や炭水化物は摂りすぎないように気をつけましょう。
また、筋トレを行うことも効果的。筋肉に刺激を与えると、テストステロンが分泌されやすくなります。子育ての合間をぬって筋肉を鍛え、男らしさを維持しましょう。

健康豆知識1643

わが家545
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
また、イクメンになった結果、メタボや動脈硬化のリスクが高まる危険性も報告されています。それはテストステロンにメタボや動脈硬化の予防、筋肉量の維持などの働きがあるから。行くじをするようになると子供の食べ残しを食べたり、スポーツをする機会が減ってしまったりしがちという点も、これらの症状に拍車をかけているのかもしれません。

健康豆知識1642

わが家544
わが家の今日の花

◎健康意識のないままイクメンになる
たとえばテストステロンの血中濃度が下がると、生殖機能が弱まってしまいます。また、やる気や男らしさが減退し、バイタリティが下がってしまうことがあげられます。
もし育児休暇をとった男性がまだ若ければ、一時的にテストステロン値が下がったとしても、そこまで心配する必要はないでしょう。しかし、35歳以上の男性が育児休暇をとった場合は、その後、なかなかテストステロンの分泌が戻らず、EDやうつになってしまう恐れがあります。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR